美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「リアル 最大の奇抜」 前期展示を見る

府中市美術館春の恒例「江戸絵画まつり」、今年は「リアル 最大の奇抜」。
イメージ (785)
江戸の絵師もなにも「奇想」メインの破天荒なウソ絵を描くばかりではない。
正確な描写を求め写生を通じてその道を探った応挙、西洋絵画の技法を学び、そこからリアリズムを目指した司馬江漢。
彼らとはまた違う方法で、目の前の風景やせいぶつ(生物・静物)を見える通りに描こうとした絵師たち。
彼らの存在を軽く見てはならない。みんな深く考え、リアルであろうと実践したのだ。
しかしその一方、本意とは違った方向に行くのはままあること。
時には迷走することも少なくは、ない。
今回の江戸絵画祭は「なんでやねん」な作品を見ることになるようだった。
「リアル 最大の奇抜」
このタイトルがそのことを示している。

「猿の狙仙」と呼ばれる森狙仙が描く様々な動物たちから始まる。
群獣図巻。 ←に絵は進むが、ここでは敢えて→方向に名前を記そうか。
いや、絵は一部のみなので関係ないか。
イメージ (790)

イメージ (787)
前半にはねずみ(黒2、白1)、ねこ、イタチ、たれ耳の犬、白象、馬かロバなどがいる。
絵はその後の連中。
ワルそうな虎、ドヤ顔のツキノワグマ
イメージ (789)
尾骶骨の辺りの渦巻きがいいな。
こっちの四匹は何かよくわからないな、わたしには。
イメージ (799)
リアルに描こうとしたのはよくわかるが、しかし描かれた対象が何なのかわからないのはわたしがわるいのか・向こうが悪いのか。

森狙仙 萩に鹿図  これまた極めポーズらしいな。どやっとでもいう声が聞こえてくる。「いきるな!」と声を懸けたくなるね。

森狙仙 梅猿図  なんかほっとするな。これは見慣れた筆致の猿たちだからかもしれない。
その意味では森狙仙のリアルはこの猿たちかもしれない。

呉春 猪図  杉の下にくつろぐ猪。スギナも伸びている。
ところで呉春は池田にいたのだが、池田が舞台の落語がある。その名も「池田の猪買い」。
桂米朝と桂枝雀のがあったので、どちらも挙げる。


牡丹鍋ええよなあ。

織田瑟々 異牡丹桜真図  笹部コレクションから。この人は師弟共々「花狂い」として知られている。桜に執着し、桜を描くことに心血を注いだ。どんな最期を迎えたかは知らないが、師弟ともども花から離れることをしなかった。
イメージ (798)
今丁度白鹿酒造記念館では笹部コレクション展が開催中。

原在中 木蓮ニ牡丹図 敦賀市立博物館  木蓮の表現がまるで結晶体のようで、花も枝も硬質な美に満ちている。

岸駒 枇杷に蜻蛉図  これはまた写実的な。そしてなんと枇杷の美味しそうな・・・葉に止る蜻蛉もいい。

岡岷山 仏法僧図 広島県立美術館  鋭い顔立ちの鳥を活写。嘴の赤い九官鳥と鳩を足して割ったかのように見えた。
福王寺で鳴いたのをチェックしたとかきつけが残っている。
雨月物語にこの鳥の現れる物語がある。

鶴亭 芭蕉太湖石図  「我が名は鶴亭」以来の久しぶりだね。葉のありようがいいな。石は髑髏風にみえる。しかも急に出てきた感じがある。つまり石だけ異端な感じがある。
こういうのを見ると「トムとジェリー」のアニメーションを思い出す。動くものと背景のものとは色が異なる原画である。
あんな感じの石。

沖一峨 芙蓉に群鴨図 鳥取県立博物館  だいぶ前にこの人の展覧会が鳥取で開催される時にチラシを得たが、カッコよかったなあ。黒地に浮かぶカラフルさが素敵だった。
あら、ナマナマしい。。。

時間が連続する情景に見えるものがあった。
司馬長瑛子 従武州芝水田町浜望東南図 府中市美術館   
司馬江漢 七里ヶ浜図
同じようなところで同じような人がいる図。富士山と海と江ノ島と。

村松以弘 白糸瀑図  掛川市二の丸美術館  南画風で富士山の下にさーーーっと横一列に。
現実の情景とは思えない。しかし現実なのかもしれない。
イメージ (796)

特に水。
イメージ (795)
やっぱり実物を見たくなってきたが、21世紀のそれと江戸時代のとは違うだろうから、難しいな。

風景も変化するから、たとえ「リアルに」描いていたとしても、それが正しいわけではない。
原在中 天橋立図 敦賀市博  イメージ (793)
この風景は原がリアルに描いたものなのだろうが、台風などで松が減ったことを今のわたしは知っている。
ロングで捉えられた天橋立。
歩いたとき、なんとなく心地よかった。

森一鳳 鯉図   跳ねる鯉!下に小さい流れ、そこの岩は黒い。音もなく跳ねる鯉、まるでバリシニコフのようだ。

鷹の絵が並ぶ。
リアルとは何かを考えるために室町時代の鷹と江戸のとを並べたのだ。
比較するとやっぱり室町のはうそくささが強くなるな。

岡田鶴川 亀図  泳いだり花に倚ったり。しかしその花が河骨なのか蓮なのかわからないというのは「リアル」という観点から考えるとどうなのだ…

二点の関羽像が。
土方稲嶺 関羽図 渡辺美術館  170cm等身大サイズの絵。
葛陂古馮 関羽図  闇の中にドーンっとバストアップ。
どっちも怖いがな。。。

沖探容 浪兎図 鳥取県立博  このウサギの動きがいい。腹は水に浸かる・後ろ足は跳ね上がる・前足は波の上。白兎だが目は灰色。月はそこにある。近い。
ウソに現実を混ぜるとウソが本物ぽくなる、というのを思う。

祇園井特 歌妓恵以路図 熊本県立美術館  カギ・エイジ。井特の中ではわりに綺麗な方ではないかな。→向きで半襟かなにかを抑えるそぶりを見せる。
しかし変わった名前やなあ。

墨江武禅 月下山水図 府中市美  おお、静かでいいな。
イメージ (786)
前に見たのは何の展覧会だったかな。
ぽつんと月が浮かぶ。凍ったような山水に惹かれる。

亜欧堂田善 海浜アイヌ図 府中市美  この絵は好きでね。浜辺の岩陰あたりでアイヌの男女が狩の合間にくつろぐというか、けっこう女が色っぽいし、男は女をみてるのだが、座る女は笑いながらそんな男をみる。

安田雷洲 鷹図  1枚1枚の羽根をまじめにリアルに描くと、途端に全体がウソに見えるのが興味深い。意味不明な力強さと言うか怪異なものまで感じる。堂々とした体躯を見るとなんだか魔王のようだった。

宋紫山 虎図  オオ、十年ぶりの再会か!
以前の出会いはこちら。
動物絵画の百年  その感想
当時も今も同じことを思っている。そのまま写す。

耳なしトラはなんとなく憂いがちなトラに見える。
img968-1.jpg

しかしこの顔には見覚えがあった。img968.jpg

野田英夫の女の子がこんな顔をしていた。
img969.jpg




十年なんてあっという間だな…

川又常正 階下遊女図 熊本県立美  階段にもたれて一息ついている遊女。二階は酒や御馳走も。一階は屏風が折り重なって遠近感を作る。廊下には木の手水も。店の様子を一部とはいえ事細かに。

忍頂寺静村 菊に猫図  茶虎と白斑と。太湖石に菊も。それで猫同士「ニャーッ」「シャーっ」なんだよな。リアルやわ。

天竜道人 牡丹に猫図  岩に牡丹。その下に白キジネコ。尻尾くるんとして可愛い。

司馬江漢と円山応挙の特集がある。
どちらもリアルを目指したのだが、方向性は同じであっても全く違う。

司馬江漢 円窓唐美人図 府中市美
イメージ (797)
手に薔薇が。椅子の飾りがけっこうリアル。

司馬江漢 異国戦闘図  おおー死んでる死んでる・・・

司馬江漢 猫と蝶図 府中市美  リアルからちょっと離れて可愛いが先に立つよ。見返る白キジネコ、青揚羽…可愛い。
吉祥絵になるのだろうが、可愛いなあ。

円山応挙 神農図  真正面。角は見えない。手には草を持つが野人風味はない。しかしむーっとした目つき口元はなにやら敬遠したい。まあ草を食んで味や効能を確認してるのかもしれないか。柏のケープは肩に。

円山応挙 大石良雄図  百耕資料館  板宿にある。この絵は弟子の絵と並んでいるのを逸翁美術館でも見た。個人的な模写というより、みんなで応挙先生の絵を写そうという感じがした。
さて、夏の橦木町、左の小さい色子風味の少年はどうやら息子の主税らしい。芝居では力弥。隣の女は文を読むということもあわせてお軽という設定。
イメージ (788)

応挙は現実に見たことのない存在にもある種のリアリティを求めたのか。
西王母、龍などにも良い絵が多い。
そして実際に目の当たりにした松と鶴の取り合わせなどは当時の技法ではいちばんリアルな描き方になっている。

円山応挙 竜虎図  龍は墨絵。無骨。それに対し、虎はおねだり風。しかも「どうしたの龍くん?」と尋ねていそうな雰囲気がある。

だがなんというてもやっぱりこれだ。リアルも何も飛んでいく。
虎図 イメージ (792)
可愛すぎてくらくら。そのくせ細部がとてもリアル。

こちらも久しぶりの再会。十年ぶりか。可愛いなあ。
円山応挙 時雨狗子図 府中市美
img966-3.jpg
わんこと虎、最高やな。隣家のわんこをよーく観察していたそうな。家には猫がいた応挙。

円山応挙 百兎図  おお、こちら3年ぶり。黒ウサギは必ずゾロ柄で喉が白い。白と茶色と黒と。丘でかけっこしたり。
18033101.jpg

円山応挙 雪中鴛鴦図  こういう絵を見ると戦前まで京都ではやはりこうした作品が愛されてきた、ということを「リアル」に感じるのです。
イメージ (794)

そしてチラシになった鯉が登場。
背面とびのかっこよさ!応挙先生の画力の確かさがあるからこその構図。

後期もとても楽しみ。





関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア