FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男

香雪美術館で鈴木松年の展覧会が開催されている。
鈴木松年とその父・百年の展覧会はずいぶん以前に板宿の百耕資料館で開催されたが、チラシが手元になく資料も見当たらないので、正確な内容がわからない。
それから二年前に赤穂でも鈴木派の展覧会を見た。
当時の感想はこちら。
京都画壇・鈴木派の隆盛

なぜ兵庫県で開催かということについて、香雪美術館のこの一文を読んで納得した。
「鈴木松年(1848~1918)は、赤穂の儒学者の図書を祖父に、同じく儒学者で日本画家の百年を父に京都で生まれました。幼時より父から絵の手ほどきを受けた松年でしたが、本格的に画家となる決意をするのは20歳を過ぎてからでした。初号は百僊といいます。22歳の時、1日で1000枚絵を描く席画会を成功させたことが契機となって高く評価され、32歳頃に画号を「松年」と改めます。これは禅語「松樹千年翠」に由来するとされ、父の百年を超えようとする自負心が伺えます。雪舟、狩野元信を尊び、鬼才の画家曾我蕭白に私淑しました。気性が激しく逸話の多い人物で、同時代の画家たちとしばしば争った話がいくつも伝わっています。
 明治14年(1881)に日本初の公立の絵画専門学校である京都府画学校(現 京都市立芸術大学)の副教員(教授職)となり、明治15年第1回内国絵画共進会で受賞して以降、さまざまな展覧会、博覧会で賞を得、京都画壇の重鎮として活躍します。上村松園、土田麦僊をはじめ、数多くの画家が彼の下で画を学びました。松年はその豪快な画風と豪放な性格から「曾我蕭白の再来」と評され、今蕭白と呼ばれました。
 このように、明治期に京都画壇の中心として活躍した鈴木派ですが、現在では忘れられた存在になっていると言わざるを得ません。2018年は松年が誕生して170年、没後100年となります。この機会に鈴木松年の画業と作風に触れていただきたいと思います。」


まあ癖のある人物で、しかも絵の力強さから、「今蕭白」というのもわかる気はする。
京博で蕭白展が開催された時の惹句がこれだ「無頼と言う愉悦」「応挙がなんぼのもんぢゃ!」…
松年もこうした傾向が強かったのだろう。
(こういう時にわたしは武者小路実篤の「君は君、我は我、されど仲良き」を思い出すよ…)
まあ絵がよかったらそれでいいのさ…

松年は画学校の教授として現在でいえば月給40万円を貰っていたようだ。
因みに大正6年(1917)有名どころの画家の作品の代金が記された一覧表があって、松年は140円。上から4番目の高額だったそうな。
トップは竹内栖鳳。これはもう飛びぬけている。
竹内栖鳳320、横山大観100、下村観山150、山元春挙90、菊池契月95、中村不折50、木島櫻谷95、寺崎廣業100、北野恒富25円。
こうしてみると、当時は「大観より観山の方が」評価が高かった裏づけともなるか。
洋画家で書家でもある不折が案外安いが、それもあって神州みそや新宿中村屋のロゴなどを描いていたのかもしれない。
恒富はこの頃はまだ発展途上か。

というわけで絵を見よう。
宇治川橋合戦図屏風 1911 浄妙山保存会  浄妙が矢衾になってる間に一来がびょーんっと。
イメージ (1330)

イメージ (1332)
手甲の付け方がはっきりわかる。
豪胆な感じだが細部は丁寧。長刀の刻みは三鈷杵だとかそうしたところ。

万寿無彊図 1900  白鹿にもたれて顔を見せない寿老人。白鹿はこちらをしっかり見ている。夕日にはコウモリも飛ぶ。
めでたい図なのだが、どことなくおかしい。

七福神図 宮脇賣扇庵  扇には七福神の留守文様がさらさらと描かれている。
巻物と杖―寿老人、袋―布袋、袋入りの琵琶―弁天、打出の小槌―大黒、黒い鯛―恵比寿、小さな五重塔―毘沙門天、青頭巾―福禄寿。こういうのも好きだ。
ここの宮脇賣扇庵は松年と関係が深く、現在も袋の絵に彼の人物画を使用している。

イメージ (1329)
上の絵は前期。後期はこの相撲が出ている。
祇園祭の屏風祭は各家が自慢のものを出す。
松年の絵は各家にとって自慢の一品だったのだ。


板絵の仁王像もある。
イメージ (1331)
力強いの何の…

画学校の授業に使った絵手本がずらり。
羅漢、洋装の男女、唐子、菊、麦、水仙、牛、鹿・・・
面白いのは洋装男女の立ち姿のその姿勢がやっぱり和風をもろに出していること。

群仙図屏風 1903  あくどい描写の仙人たち。
みんな個性的で面白くはある。
イメージ (1335)

イメージ (1333)

春秋風物山水之図屏風 1888  これはまた不思議なくらい静かな絵で、ヒトの営みを静かに描いている。
この絵は前掲の赤穂でも見ている。

こんなのもある。


これは最近京都文化博物館でも見ている。

いい絵が二点並ぶ。
暗流蛍火図  暗い中に太い幹と流れがあり、そこに蛍の灯がぽつぽつ…ぽつぽつ…
見返り幽霊図  怖い顔の女の幽霊で足はない。
夜の絵が二点、いい並びだった。

和やかな風景画もある。
渓流桜花図 1913  蕭白も晩年の山水画は穏やかだった。

扇面の松図がいくつかある。そのうちの十松屋福井扇舗所蔵のは「佳気萬季」かきまんねん、佳い気が永久に続きますように、という四文字が記されているが、ついつい「絵をかきまんねん」かなと思ったりするのだった。

朝日新聞本社屋のオープン記念に松図の扇面を描いている。
藤井厚二の設計した社屋である。
選びに選んだ線の松。

その建物のある肥後橋界隈の絵もあった。青が綺麗。
それは洋画家・佐伯祐三の作品。こういうのが並ぶのもいい。

参考資料が面白すぎた。
便利堂からモノクロの画集が出ていて、そこには穏やかな風景画と先の幽霊画がある。

1907年当時の画家の名鑑、要するに相撲の番付と同じ体裁のがある。
そこでは松年は今尾景年らと共に後見役。行司は松本楓湖、勧進元は田能村直入、頭取は渡邊省亭、上田耕冲、大関は栖鳳、川端玉章、関脇に大橋翠石、都路華香、小結に大観、上村松園はまだ前頭だった。

インタビュー記事もある。
松年は幸野楳嶺が嫌いで、本人からどう嫌いか言うてと言われて、顔も気性も何もかも嫌いと答える。そら楳嶺怒るわな。
その楳嶺没年直前に岸竹堂から一席設けるからと招かれると、一つ席がある。そこへまさかの楳嶺。
温厚な竹堂から「今の京に松竹梅揃ってるねんから」と言われる。仕方なく同座するがやはり嫌。
しかし楳嶺訃報に一番に出向く。
これは別に死んだ顔見たろ、という意地の悪い考えではないとは思うが、まことに困った人だとも思う。

大津絵の絵ハガキもあったようでモノクロの画像が出ていた。
丸顔の弁慶、ぐっすり眠る寿老人、鬼と藤娘などなど。

いい展覧会だった。
こうした埋もれた画家の発掘は尊い。
9/30まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア