FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

百貨店で花開く ―阪急工美会と近代の美術家たち―

逸翁美術館で阪急百貨店ゆかりの工芸品を展示する展覧会が開催されている。
「百貨店で花開く ―阪急工美会と近代の美術家たち―」
1929年に開業した阪急百貨店には当初から「阪急工美会」というギャラリーがあった。
その当時活躍中の在阪工芸作家の作品を、年に一度を目途に発表する場にした。
稀代のアイデアマンである小林一三はそうすることで作家を支援し、作品を買ったお客の生活に気持ちの潤いを、と皆が喜べるスタイルを立ち上げた。
現在では色々当たり前になっていることも、その元をたどれば小林一三の考えだしたアイデアがいい具合に形になり、システムとして運行され、ついには当然の状況になったのである。こういうひとがいてくれたおかげで、生活は楽しくなるものだ。

展覧会の狙いについてはサイトにこうある。
「明治以後、多くの博覧会が国内外で開催され、日本の美術工芸品に対する評価は高まりを見せていました。大阪・東京などにあった百貨店では、明治から昭和の初め頃にかけて、美術部を中心にさまざまな美術や工芸の展覧会が企画され開催されました。その中には、当時新画と呼ばれた日本画や、陶芸・漆芸・竹工芸などの工芸品などが含まれます。
 昭和4年(1929)に開店した阪急百貨店では、同年に「阪急工美会」を結成しています。当時の在阪一流の工芸作家をさまざまなジャンルから集め、年に1度百貨店において発表の場を与えて、さまざまな工芸作品を世に送り出しました。阪急工美会を後援し育てたのは小林一三です。百貨店を「買っておいて損のない」「安くても良い」美術品を販売する場としてとらえていた一三にとって、一流の工芸作家による工芸品はまさに自身の考えを形にした作品だったことでしょう。メンバーには、好みものを作らせた漆工の三砂良哉をはじめ、鋳金の大国寿郎、陶芸家の和田桐山、竹工の山本竹龍斎などがいます。
 古美術の名品に対する鑑賞を経て培われた小林一三の審美眼。その美意識をもって一三は、さらに同時代の画家や工芸作家達の作品をどのように見つめたのか。この展示では、明治から昭和にかけて、百貨店の美術展で活躍した近代の画家や工芸作家の作品を中心に、阪急百貨店に誕生した阪急工美会のメンバーによる作品も展示し、百貨店で花開いた一三を中心とした文化サロンで活躍した近代の美術家たちを紹介します。」



チラシも魅力的だ。
イメージ (1476)

左の美人は鏑木清方の1901年の作品。見返る彼女の周りに三つの工芸品。そして開業当時の阪急百貨店。いい構成やなあ。

さて今回は「買う気で見よう」というココロモチで作品を観ることにした。
いつもはそんなことを考えないのだが、これらの作品群の生まれた意味と意図とを考えると、それがいいように思う。
尤も、「不買品」は別としなくてはならないか。

日本画から始まる。
横山大観 海暾図  かいとん、と読み「海の日の出のこと」だとある。松と海と日の出と。昭和の大観の絵。とても昭和の大観らしい絵。
これは名鉄から昭和29年12月30日にもらったそうだ。
年の瀬にもらったこの絵は新年に飾るのにふさわしかったろう。

下村観山 雨後風景図  どうやら中国の町らしい。屋根屋根が寄り集まっている。とはいえ明代などの昔ではなく、リアルタイムかどうかは知らんが、電柱があるので、描いた当時の風俗であることに違いはない。傘を差す人もいる。空高くに虹も出ていた。役所らしき建物もあるが、手前の瓦屋根の民家がにぎわっている。

川合玉堂 春景富士図  富士山と向かって左側の山や木々の様子。
やきものもある。
隅田川鉢 宮永東山との合作で、見込みに薄紅が映り、がわには都鳥の泳ぐ姿が。笹か葦かわからないが、水辺の植物もある。

鈴木華邨の絵が二点出ていた。かれは小原古邨の師匠で、作品はこの逸翁美術館が多く所蔵している。

瀑布群猿図 1890  松の下に猿たちが集まる。滝はゴーゴー…
御本白鷺鉢 五代清水六兵衛合作  絵師と陶工のコラボはいいものだ。

瀑布群猿図 1890  松の下に猿たちが集まる。滝はゴーゴー…
御本白鷺鉢 五代清水六兵衛合作  絵師と陶工のコラボはいいものだ。

展示はされていないが、絵ハガキがあったので購入した。 



小林一三は明治の頃から多くの画家や工芸家と付き合いがあった。
ただの実業家・数奇者とだけ見られていたわけではないと思う。
作り手側からしても小林一三という人は興味深く、また頼もしい存在だったろうと思われる。

寺崎廣業 月下兎図(鈴木華邨合作) 明治末  二羽の兎が寄り添って月を見ている。
茶色と白、それぞれを描いたのか・背景といきものとに分けたのかは知らないが、どちらも安寧なよい感じがある。もこもこしたところが可愛い。

廣業は昭和になって三つの短冊を拵えた。
花しょうぶ、蓮華、菊花。それぞれいい。一輪の花菖蒲の凛とした姿、トンボとレンゲ、白菊。季節それぞれの良さが伝わる。

今なかなか廣業の絵などは見れないので嬉しい。
書については湯田中温泉「よろづや旅館」の桃山風呂の扁額がよい。

川端龍子 山寺鐘韻図 1940  中国の千山祖越寺を描いたそうだ。屋根瓦に獅子らしきものが並ぶのが見えた。
この山にはたいへんお寺が多く存在する。わたしなどは「千山」と言えば「無量観」という認識しかない。そう、馬賊の聖地、道教のお寺、修行の地。

木村武山の芙蓉図、小林古径の桔梗図が並び、可愛い花々が咲くのが心地よかった。

チラシに現れる清方の女中の絵がある。
八幡鐘図 1901  深川八幡の鐘が鳴るのを料理屋の女中が聞いたところを描く。
江戸から明治の深川の情趣あふれる絵。
この絵は若き清方が参加していた烏合会に出品されたそう。
当時すでに清方は小林一三と交流があり、この作品も受注していた。
小林一三は清方より5歳上。当時はまだ三井銀行に勤務していた。

その清方からの手紙は巻物で蔦と松葉の絵が可愛く添えられていた。こちらは紹介状。
また安田靫彦からの書簡もあり、シンプルで余白のいい書簡。これは桃山時代に流行した隆達節の隆達直筆の唄本切を譲ってという内容。

松岡映丘 白描枕草子絵巻  99段の話を描く。狛犬が可愛い。華やかな日の回想。

魯山人のやきものも並ぶが、それぞれ技法が違うのも面白い。
赤絵金襴手、青地金襴手、銀彩、染付…
その染付は元々小林一三が修理を頼んだものをついでに模本も拵えるという手の込みようで、どちらが古いものかわからないくらいだった。
阪急宝塚線に星岡茶寮の大阪店もあったことだし、当初は仲良くしていたのだが、これがまた色々と後年には…

イメージ (1477)


中村不折、小杉放菴、東山魁夷らの絵もある。優しい風景画。茶席にかけたのではなさそうだが、アイデアマンだからどんな楽しみ方をしたことだろう。

珍しいものを見た、と思ったのがこの一枚。
東郷青児 婦人像  シックなグレーのスーツに白襟、帽子も素敵。レトロビューティー。
とても魅力的。

まさかの熊谷守一もある。黄色い蝶々に松虫草のとりあわせ。
茶席よりも違うところで楽しまれたのかもしれない。

工芸品の見事なのが続々と現れる。

大国柏斎 平丸柏葉地文釜  細長の葉っぱが鋳込まれている。
この人は島之内の釜師で幕末から昭和初期の人。明治末ごろから湯釜を拵えるようになったそう。

その釜師の花瓶がある。
千秋万歳文花瓶 銅に隷書体でひの文字が入り、更に赤丸文が並ぶ。秋は秌。

富本憲吉 色絵竹梅文花入 白地の梅瓶。梅の絵が腹にあり、その下に縦縞。もしかしてこの縦縞が竹なのかも。

高村豊周 唐銅糸目腰花入 この人は高村光雲の息子で光太郎の弟。みんな工芸家。
光太郎が「智恵子抄」などで智恵子と清貧のくらしを愉しむさまを詠ったので、みんなそうなのかと思っていたが、弟君が面白い発言をしていた。
アトリエに行くと兄夫婦はアスパラやハムやレタスや卵をいっぱい挟んだサンドウィッチを食べてたよ
…と言う意味のことが戸板康二の本にあった。
わたし、ますます光太郎が好きになったなあ。

小さくて可愛い香合などが並ぶ。
瓜香合、楓香合、白陶蛤小皿…みんなとても愛らしく瑞々しい。
特に楓のは焼けたパン色でふっくらとおいしそう。

楠部彌一の仁清写し、近藤悠三の染付、リーチの備前花入、濱田庄司の鉄絵、河井寛次郎の様々なやきもの。
イメージ (1478)

百貨店に行って、一流作家の良い品々をみて、買えることが可能なのは嬉しかったろうなあ。

雑誌「阪急美術」の表紙は芹沢銈介だった。
かれの本の仕事の良さはほかの記事で色々記したが、どの仕事も本当に好ましい。

竹細工もあり、法隆寺の古材棗もあり、比較して好きなものを選べるのもいい。

先の大国の子の寿郎は逸翁の指示で面白いものを拵えた。
戦争の落とし物・焼夷弾の壊れたのをリメイクして六角花入にしている。
銘は「復興」。阪急三宮の焼け跡で小林一三が拾ったのだそう。えらいもん拾うてそれをこんなんにするのかさすがというべきか。
禍々しい存在を平和の遊び=茶の湯に使えるものに作り替えるというのは皮肉が利いてもいるし、平和を求める心にも取れる。
数奇者というのはこういうものなのか。
風狂と言うべきか。

三好木屑 桑団扇棚  松花堂の写し。髹漆=きゅうしつ=漆を何度も塗っては研ぐこと をくりかえしたのでとてもいい色。

住吉大社の古材で拵えた亀香合、山羊香合も可愛い。

逸翁が可愛がったのが三砂良哉。絵かきの須磨対山と友人のこの人は見事な蒔絵・螺鈿の作品を多く拵えた。
次々と逸翁の注文をうけ、自在に良品を拵えた。
光琳写し、宝塚歌劇の楽譜を文様にしたもの、勅題絵の盆、瓢を菓子器にしたり、キラキラの螺鈿も多く、魅力的。
逸翁のお気に入りのスペインの扇子が壊れたのを香合に作り替えたのもある。
他で見ないものがとても多くて面白かった。

八代・白井半七もまた逸翁の発注で多くのものを拵えた。
紅毛藍絵のデルフトの写しもいい。御本椿絵鉢の花の強さも素敵だ。

やはり逸翁小林一三は大阪に来てよかったと思う。
この地で存分に数奇者として楽しめた。
そして多くの作家とお客さんを喜ばせ、自身も儲けた。
こういうのがいちばんいい。

12/9まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア