FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

2018.12月の東京ハイカイ録

師走は気分が忙しいので、あんまり遠出もしないし遊びに行く時間も減らしている。
というわけでいきなり冬本番になった東京をハイカイした。
今回は一泊二日なのでギチギチの予定(←二泊三日、三泊四日でもギチギチ)なので、まずは新宿の損保に出た。
丸の内線が荻窪行きだったので西口下車。
どう損保が変わったのか期待したが、大差はなし。

スウェーデンの国民的人気画家・ライフスタイル提案者とでもいうべきカール・ラーションとその妻カーリンの展覧会をみる。これがもう実に楽しくて、予想外によくて、時間をかなり圧した。いやーびっくりしましたわ。
詳しくは後日詳述するが、参った。いいのから始まったよ。

地下へ降りてサイゼリアでランチ。本当は違うところへ行きたかったが、時間を考えるとこの方がよろしい。
サイゼリアは好きな店だが、メニューの選択肢をちょっと間違えたらしい。

時間短縮でJRで池袋に出たが、ここでミスって東口へ出ずに西口へ行ってしまった。
挽回するのにいらん時間を使い、無駄なことをした。
閉店する本屋へ行き、色々購入した結果、4千円が千円に。1/4になったよ、驚いた。
その後は定宿へ向かう。

荷物を置いて本八幡経由で京成線に乗り替え、京成佐倉へ。
佐倉市美術館で建築家・矢部又吉の展覧会を見る。
これが実に良かった。来た甲斐があった。
川崎銀行の設計を一手に担っただけに特徴もよくわかる。

その後も時間に追われながら千葉中央へ。
あら、工事中。
仕方ない、パン屋で軽く食べよう。
ライ麦パンにナッツ類入りのがかなりよかった。
それから近くの店舗でこんな袋物も買い、そこでもらった福引券で抽選に挑む。
前の人が白玉でティッシュもらったのを見て、なんとなく「赤出ろ」と思ったら、本当に赤が出た。
この辺りの商業施設で使える100円引きクーポン。
ありがたくもらう。



千葉市美術館で石井林響展を楽しむ。初期の神話関係の絵もいいが、後年の南画がよかった。
のんびりした面白さがいい。
それにしてもこの後の所蔵品展示がこれまたもう…十分に濃すぎますがな。

再び千葉中央に戻ると店の大半が閉まっていて「ひゃー」になる。
幸いダイソーが開いてたのでそれで一点購入。よしよし、クーポンがとても役立ちました。
何度か乗り換えて宿に戻り、ぐったり。

日曜日。朝ごはん食べてからちょっと富沢町へ向かう。あー、これか。矢部又吉の川崎銀行。
いい建物で今も大事に使われてるのがいい。

まずは皇居へ。とはいえ乾門ではなく三の丸に向かったのだ。
花が咲いていた。



乾門の一般公開に行くべきだったろうか。
明治の工芸品のいいのを堪能する。

皇居外苑を眺めるといろいろ面白い風景が見えた。



寒い中次は三菱一号館美術館へ。


フィリップス・コレクション。百年近い前から活動している個人美術館で、近代美術を集めている。
展示品の傍らにフィリップスさんの言葉が添えられているのがなかなか面白かった。
短文なのでよいのかも。

次は出光美術館に。近いわりに遠い。
山水画を見ていて目が回る。どうもほんまにニガテなのよな。
でも他にいいものが多いので楽しい。

風邪を引きそうなのでうどんに生姜とねぎを放り込み、レンコン天ぷらを食べる。
これでなんとか風邪にかからねばいいが。




最後にサントリー美術館。「扇の国 日本」。これがあまりに良くて長居しすぎた。
さらにあれだ、勘違いがあって、なんと新幹線乗り損ねた。ヒーーーっ
自由席に座る。まあなんとかうまいこと乗れました。

今回はタクシーやなしに自転車で帰宅。
楽しいのは遊んでる時までよな。
次は一月の三連休の予定。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア