FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

描かれた舞台 近代日本画編

こちらは鏑木清方の芝居絵ばかりになったか。

芝居絵12題 1926
イメージ (1600)

2007年の展覧会から。

イメージ (1603)
イメージ (1604)
イメージ (1605)

清方は芝居好きで有名だが、「こしかたの記」によると、しばしば友人と共に幼いころから近所の歌舞伎座の楽屋に入ることもあったそうだ。
あるとき、舞台袖に光り輝く美貌の人がいた。それは当時人気絶頂の福助(後の五世歌右衛門)だった。
清方はこの時の衝撃をしばしば記している。

イメージ (1613)


イメージ (1602)


イメージ (1601)
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア