FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

2019.8月の東京ハイカイ録

今回の東京ハイカイはちょいと変則的なことになった。既にここでも記しているようにうちの母親の具合が良い日と悪い日があり、特に夏の間はほぼアウト。
それでもまあ一泊位ならなんとかなるなと思って出かけたものの、心配になって電話したら丸一日連絡がつかない。翌朝9時半にようやく連絡がつくと「高熱で寝込んでいた」という。なので予定より4時間早い帰阪となった。
結局帰宅したら洗濯していたというビックリな展開だったのだが、まあ家に意味不明な老人がいると怖いということですね。

さてわたくしの東京ハイカイ(一体いつまで続けられることやら)ですが、とにかく暑いのと台風の後なのとで、色々とたいへんな心持で出ていったのですが、お盆の最中の新幹線なので普段とらない席になりました。
つまりA席。東京へ向かうときはいつも通路側なのでこれはちょっと新鮮だった。
特に田舎の風景に関心がないわたくしですけど、天竜川をみたり、知らないトンネルを見るのは面白かったよ。
そのトンネルは新幹線に対し斜めな位置にあり、電車のものだと思うが、緑が濃かったからもしかすると廃線なのかもしれない。
品川区に入っても、この位置から大井町が見えるのかと知ったり、ここにこんなプールがあるのかと思ったり。

ところで今回は現地についてから自分の立てたルートがまずいというかイマイチだと気づいた。
いつものより少し遅めの新幹線なので東京に着くのが10時前、ロッカーで不慣れな人が手間取るのを手伝ったりその場を仕切ったりで結局いつもより30分も遅れたのだ。
どうにもならんこの仕切り屋・世話焼き体質…

日本橋駅へは丸善から地下に潜るのだが、その丸善で好ましい黒猫グッズを見て色々悩んだのも時間をかからせることになった。
実は変なことを言うが、大昔からわたしが丸善で何か雑貨を買うとトラブルに巻き込まれるというジンクスがある。
本はそうはならないが、どんな小さな雑貨・文具でもそうなるし、大阪・京都・東京と関係なしなので、ここの売り上げに関与できなくなった。
本は大丈夫なのになあ…1980年代からそうなので、筋金入りのトラブルメーカーだ。←自慢するな。

要するに上野から行動するのをやめて、三井記念美術館から動き始めたらよかったという話です。
ついうっかりここを後回しにしたおかげで色々つまらんミスがついて回ったよ。

三井行ってから上野に出たらよかったがそれに気づいたときには西洋美術館にいましたね。そしてここは大量の人が。チケット買うだけで20分待ちやてか。
幸いなことにチケットがございますんで中へ入りますがな。

松方コレクションの素晴らしさについてはまた書けたら後日詳細を挙げます。
数年前神戸市立博物館でも開催されたけど、あの時も内覧会にまで行ったのに書けずじまいだった苦い記憶が蘇る…
まあとりあえず言うたら展示方法がヨーロッパの美術館方式で、壁面上部のが見づらいということと、固めて配置した連作物がどれがとれかわからんという。
まあしかし名品がたんまり。見知った絵や彫刻だけでなく初見がかなりあって、それがまさかの「国立西洋美術館寄託」とかそんなのなので、いつか所蔵品室で見れるかなと期待。

台風の影響でゴアテックス履いたのが失敗で足が速くも痛くなる。サンダルにした方が良かったかな。
そんなこと思いながら今度はフィンランドの女性画家たちの作品展を見に行くと、4年前に藝大美術館でみたヘレン・シャルフベックの作品がたくさん。
ぱちぱち撮ったので、今度四年前のときのブログにプラスして挙げ直してもいいな。
というのはヘレンも自身の作品を数十年後にセルフカバーしてるから、それに倣おう。


さて昼ご飯をどうしようかと思いながら博物館へ向かう。こんな天気なら何か買ってきてベンチで食べでもさほど暑苦しくもなかったのに読めなかった。
仕方ない。それで結局子ども図書館で食べたよ。庭を見るカウンターにいたら、突然上から大きめの水滴がコップに直撃!!!びっくりした。入るもんやなあ。
ひえー

東博でちょっと展示を見てから時間の都合で三国志展の再訪はあきらめて、再びパンダ橋へ。
そう、最近わたしはこのルートなの。
そんで三井記念美術館で「日本の素朴絵」後期展示を楽しむ。前後期共々大変よろしい。
図録も可愛い。前回購入したままあえて開いていないが、数日内にはなんとか感想をまとめて挙げたい。
日本の素朴絵は楽しい。
こういうのが面白く感じられるのはやはり府中市美術館の毎年春の恒例・江戸絵画祭での啓蒙が功を奏していると思う。
巧い絵だけがよいのではないのよ。そういうことさ。

車内で見たもの

わたしは「修羅の刻」の中でも特に鬼一と、この狛彦・虎彦の双子譚が好きすぎるのよ。

駅構内で見たもの


次に出光へ向かう。
これでつくづく思うのは、この日は西洋・東博・三井・出光なんだけど、電車のルートやランチの選択を考えれば、三井・西洋・東博・出光でもよかったわけです。そしたら日比谷線一本で出光へ行けた。
まあ尤もこの日の夜間に森へ行くというのがあるからこその、この時間帯。

「唐三彩」をみる。
作品もいいが演出もよく、喜多郎「シルクロード」がアタマの中で再生中。
フィギュアたちの美、三彩の壺たちのよさ。
唐、遼、ペルシャの三彩。
思えばシルクロードの美を味わわせてくれたのは出光美術館大阪が最初だったのかもしれない。

急にマクドの揚げたアップルパイが食べたくなったが、あれは季節限定なのか、それともここにたまたまないのか知らんが、入った店舗になかったのは無念。
(のちに調べたら他の店舗にはある模様)
それでちょっと一時しのぎにして六本木へ。

進撃の巨人展ファイナル。
知らなかった、まさかの最後の室内以外は全撮影可能とは。
撮り倒したわ。あらためてこの「美しき残酷な世界」へのときめきが高まる。
映像がまた素晴らしい。アニメではなく、原画をピックアップしてエレンとライナーの進撃vs鎧の戦いを迫力いっぱいに動かし、見せてくれたわ。
ネームまで展示されてる…
エルヴィンがネームでもやたらはっきり眉毛だったりするし、リヴァイがやはり可愛いし。

そういえば最新刊のラストの嘘予告マンガ、みんなハンジのせいでゾンビになってたけど、リヴァイさんエルヴィン先生に噛まれてたな。エルリ尊い。

ショップでファイルなど購入し、カフェでリヴァイの紅茶とデザートを頼んだが、紅茶はよくなかったな。これは淹れ方の問題と砂糖の問題かな。
紅茶好きの兵長に叱られるぞ。


定宿でぐったり。しかし荷物ってさ、宿に行く前までロッカーに入れてて、宿で一晩の間だけおいて、あとまたロッカーなので、なにやら申し訳ないような。

翌日、ようやく母と連絡が取れたのでこれはもう早く帰るしかないなと。
それで14時台のを取った。これで行けなくなったのが庭園、太田、そんぽ。
残念なり。

時間配分の結果、案外出発が遅くて良くなり、第一試合の履正社をみる。
ご近所なので応援にも力が入るわ。

まずは汐留美術館でマイセン動物園。
楽しいわー。これもほぼ撮影可能。パチパチ。
にゃんこの仕草のリアルなこと…朝倉かー


その足でそのまま三田へ。駅前の焼き魚屋でおいしくカレイの白醤油漬け焼きをいただく。
味噌汁は良くないが魚はさすがに美味しかったよ。

慶應大学図書館一般公開。




それにしても暑い。
暑すぎてか、どういうわけかなかなか駅に戻れない。
そんな大きい町でもないのに迷う。やたらと中華料理店が多いのと、昭和の中国人家庭がそのまま活きてるような光景を見たりしたからか、アタマが回らなくなる。
ようよう乗り場を見つけた。
一体なんなんだろう。

三田からそのまま神保町へ。
これまた暑さのせいか方向性を見失う。コンパスも狂いがちかと思いきや、「えっ、このルート?」でたやすく到着。
どうなっているんだ、前回と違うぞ。
米沢記念図書館、三原順カラー原画展の後期。

受付にいらしたヤマダトモコさんと愛知からお越しの方のお話を横から聴いて、そこへくちばしをつっこむ。
色々と良いお話を伺えてよかった。

さーてタイムアップ、東京へ向かうぞとあの階段を一気に上がるが、上がった途端心臓ばくばく。
真夏に一気に上がる階段じゃないよな…
三楽病院の横を通り御茶ノ水駅へ。

早めの時間帯に変更して乗った新幹線、混んでたなあ。
わたしは今度は三連のCで気楽に帰阪。
あれだ、駅ナカでおかずとか買って帰る。

帰宅したらびっくりしたことに(以下略)
…洗濯物を取り込んで、買ってきたものに自分の拵えたものも足して晩ご飯。
それから綺麗に化粧していた母と共に夜の散歩。
タバコ屋へ行くと店主が喜んで母に挨拶し、立ち話。
ちょっと買い物してから近所の喫茶店で一休み。

パインジュースに紅茶を混ぜるのだ。美味しかったよ。

来月どうなることやら。
とりあえず今月の東京ハイカイはここまで。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア