FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

神宮徴古館・神宮農業館へ

お伊勢さんへ向かった。
タイトル通り神宮徴古館、神宮農業館へ向かうのが主目的である。
そして宇治山田駅の見学もまた。

普通大阪から宇治山田へ向かうには近鉄特急の素敵なのに乗ってゆくべきなのだが、予約がとりにくいと聞いた。
折角特急を予約したとしても万一乗り損ねたら取り返しがつかない。
それに平日の朝ラッシュに慣れていないし、出かける当日がゴミの出す日でもあったので、急行で行くことにした。
今回の電車の乗り方については仲間内のN女が様々なルートを調べてくれて、それにわたしものっかった。
たくさん挙げてくれたうちのどれを選択するかはわたしに委ねられている。
鶴橋から乗り換えなしを選んだのは楽そうだと思ったからだが、それも時間帯によることを後から思い知らされた。

ところで最近行き慣れたところ以外はコースを考えたり最短ルートを選んだりすることが出来なくなっている。
わたしの脳の衰退もあるし、多忙と疲労がものを考えることをやめさせるようだった。

金曜のラッシュタイムに阪急からJR環状線に乗り換えようという無謀なことを選択したのは、そういうわけなのだ。
まぁもう一つ言うと、わたしの通学・通勤はこれまで電車では阪急沿線のみであとはバスか自転車、これだけだった。
阪急から別な乗り物に乗り換えるということをしたことが一度もなかったのだ。

まあなんというか、結果として「こんなに人がいたのか―」ということだ。
そして例によって例の如くJRは沿線の何処かの駅で事故がおこって数分の遅刻、足きり、などなどで乗るべき電車は並んでる間に行ってしまい、本当にぎりぎりにしかつけなくなってしまった。

乗った電車ではなぜか座れたのだが、これで鶴橋に着くのはいつやねんと調べたら、本当にぎりぎりではないか。
目の前が暗くなった来た。
しかしJRもがんばる。鶴橋に着いたのは予定より少しばかり早かった。
これは助かった。
乗り合わせたO女と共に伊勢へ迎えることになった。

ところでお気づきの方もあろうが、わたしはとにかく「山間部にポツンポツン集落」というのに恐怖に近い感情を懐いているくらい、田舎というものがニガテだ。
「八つ墓村」を思い出すのもあるかもしれないが、とにかくニガテ。なので一人でそういうところを行くのはほぼ不可能。
同行のO女は旦那の実家がこの沿線のさる高名な寺の近くで数年間そこに暮らしていたので、この辺りについてはたいへん詳しい。
互いに喋り捲りあいながらの乗車なので、なんとかわたしの神経も保ったのだ。
そうでなければ到底たどり着けそうになかった。

榊原温泉辺りだったか、巨大な仏像とかニケ像が見えてきた。ああ、まだあるのだなあ。
随分前の話だが、美杉の魚九とかいうところに友人と泊まりに行ったが、あまりに何もなさ過ぎてよく朝一番に帰阪してしまった。難波に着いたとき、心の底からほっとした。そして開店直後のカラオケに飛び込み、結局長時間にわたって歌ったということがある。もう本当にビルの立ち並ぶところへ戻ってきたときほど安堵したことはない。
ああ、苦しかった。

ようよう宇治山田に着いたのは10時53分。集合時間は11時なので丁度の時間。
そしてついて知ったことだが、肝心の宇治山田駅はまさかの工事中。

高崎市役所を見学に行った時以来のがちょーーーーんですがな。

ひゃー。それでネットで調べた限りなーーーんにも出てこなかった宇治山田駅だが、駅構内に食べ物屋もあるしすぐ近くにコンビニもあるではないか。ああもう、ひどいなあ。

それで雨も降ってるのであまりあちこち回る気力も失くしてしまった。
ふと窓を見ると…

工事中だからこその景色だな。


因みに中はこんな感じ。


惜しいよなあ。


それで27分のバスがあるということで外へ出たらすぐ近くの町家がなかなか面白い。

真珠の会社らしい。

あとこんな石碑も見た。

まあなあ。
東大阪もかつては布施が県だったそうだし。

ところで27分にバス停に戻ると誰もいてない。
ポケモンバスが来たのでとりあえず乗る。

メールをすると三人から連絡が来た。
24分に徴古館前に着く巡回バスに乗ったらしい。
こらーわたしを置き去りにすんなよー

わたしの乗ったバスは内宮へ向かうもので徴古館前下車したが、そこに倭姫社が。
少しばかり拝む。

皆さんと合流。
イメージ (2251)
外観のみ撮影可能。
内部はダメ。
外観の細かい撮影と中の展示については別項。

萩も咲きだしていたがミンミンゼミも盛大に鳴く日。
お隣の農業館へも。ここも面白かった。

本当は更に美術館へ行きたかったが諦めてバスに乗って駅へ戻る。
なにしろお昼御飯がまだなのだ。
駅ナカの海老専門店へ入る。

おいしかったわ。久しぶりに巨大エビフライの良さを堪能したよ。

後はお土産を買い、もう主婦は帰る時間だということで京都へ帰る人とは別にわれわれは急行で一路大阪へ戻る。
車内でおねんねしたりしゃべったりしつつ、桜井まで来たとき、心底ほっとした。やっぱりビルはいいなあ。
結局帰宅したのは19時前。遠いわ…

かなり疲れてしまった…
やはりお伊勢さんにはせめて一泊で行きたいな。
またいずれ。

地図
イメージ (2254)

関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア