FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

アンティーク着物万華鏡

こちらは弥生美術館での展示。既に終了。

19100301.jpg


19100302.jpg

実際のコーディネートと抒情画とのコラボが素敵だった。

撮影可能なところもありたいへんなにぎわいだった。
大正から昭和戦前の少女たちから若い娘のおしゃれへの意識の高さがとてもよく伝わってくる。

今回は全館この展覧会である。
写真は撮影可能ゾーンから。




20190922_134202.jpg


20190922_134209.jpg

わたしはこの人がいちばん好きだ。鏡花「風流線」ヒロイン龍子のようだといつも思う。
20190922_134225.jpg


挿絵や抒情画のうちから選ばれた素敵な着物、それをベースにしたのか、それとも最初からあるのかよくわからないがほぼ同じ柄の着物が共に展示され、更にそれとは違う取り合わせにしたものも並ぶ。
帯を替えただけで全く違うムードになるのにはびっくりした。

20190922_142408.jpg


20190922_142412.jpg
こういう具合にモデルさんのいる場合もある。


こちらは大正時代の芸者のブロマイド。
20190922_141402.jpg
手彩色風のところがまた素敵だ。


長襦袢の特集もあった。
20190922_141946.jpg


面白い柄も少なくない。遊び心というやつである。
20190922_142002.jpg


20190922_142336.jpg


20190922_142344.jpg


長襦袢の着方について、時代の違いも含めての連続シーン
20190922_142606.jpg


20190922_142612.jpg
とても色っぽい…

挿絵類はとてもたくさんあるので、それはまた別項にする。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア