FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「ルノワールとパリに恋した12人の画家」展は楽しい

横浜美術館で開催中の「ルノワールとパリに恋した12人の画家」展に行った。
オランジュリー美術館のコレクション展である。21年ぶりの来日だというが、その21年前の展覧会は京都で見た。
京都国立近代美術館。そして同日向かいの京都市美術館ではスイスのプチ・パレ美術館展が開催されていた。
二つの洋画展を見て満足して帰ったと当時の日記に記している。

今回あまり情報を入れずに行ったので、ついてから初めてオランジュリー美術館展であり、ポール・ギョームの目を通したコレクション展だと知った。

オランジュリー美術館には随分前に行った。パリではルーブル、オルセーなどの大きいところへも行ったが、好ましく思ったのはこのオランジュリー美術館とモロー美術館で、特にオランジュリー美術館には滞在中に二度も行った。
なので再会する絵がいくつもあり、それがとても嬉しい。

近年洋画を見る重さに負けてきたのだが、やはり印象派から1950年代くらいまでの絵を見るのは楽しい。
気分が明るくなるといってもいい。
なにも無理して絵から人生の暗部についてとか考えたり見出したりしたくない。
以前からその考えがあるが、近年特にその傾向が強い。
自分の<現実>がしんどいからだと思う。
そんなときにこうしたなじみのあるモダンな絵を見ると気分が明るくなる。

ルノワール、モネ、セザンヌ、シスレー、ルソー、マティス、ピカソ、モティ゛リアーニ、ドンゲン、ドラン、ローランサン、ユトリロ、スーティン。

中でもマティスの作品はすべてがよかった。
7点は1915-1925頃までの作品で、いずれも非常に豊饒だった。
三姉妹
若い娘と花瓶(別名:バラ色の裸婦)
ブドワール(女性の私室)
ソファーの女たち(別名:長椅子)
青いオダリスク(別名:白い女奴隷)
ヴァイオリンを持つ女
赤いキュロットのオダリスク
こういう好きなものばかり集めてくれたのは本当に嬉しい。

ドラン アルルカンとピエロ  これはあれだ「水曜どうでしょう」ですな。

スーティンもこんなにたくさん見たのは三越での展覧会以来か。
スーティンとキスリングは三越のおかげでよい作品を知ったのだ。
90年代の懐かしい話。もうこんなに遠くへ来てしまったのか。

実はローランサンとユトリロの作品の感想を書くのは難しすぎてしたくないのだ。
「いいなー」これで終わる。それ以外にもあるのだが、言語化しにくいのだ。
たとえばユトリロの場合、まず「せつない」という感情が先に立ってしまう。
彼の伝記を措いても描かれたパリの街角にはどこかせつなさがある。
そしてローランサンの娘たちは抑制のきいたグレー、ピンク、時にブルーをまといながら黙って微笑む。
音楽性を伴う静謐さ、という多少矛盾した何かを感じて、表現する言葉を失くすのだ。

ドラン、モディリアーニ、ドンゲンのポール・ギョームの肖像。これはパリでも見た。
ドランのギョーム夫人の絵ハガキも手元にある。

ルソーの絵は本人がマジメに描けば描くほどなにかから遠のいてゆく。
ジャングルの絵以外は自分が実際に見た情景からの製作だろうが、それでも何故これなのか、と常に思う。
もし万一本人がそこにいたなら、そして感想を求められたらどうしよう。
よくそんなことを思う。

新古典主義時代のピカソの絵がいろいろある。
この時代のピカソの絵は好きだ。
楽しく眺める。

やっぱり1920年代は素晴らしい。

そしてその前代のルノワール。
ルノワールの色彩を見るだけでも心地いい。

ポール・ギョームと言う若い画商がどれだけすぐれた眼を持っていたかがよくわかる。
彼の部屋の写真と再現マケットがあった。そこだけ撮影可能。

とても楽しい展覧会だった。
1/13までなので、行ける人は行って心地よさを楽しみましょう。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア