FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

大阪でおいしくシアワセ

8月に入ってから外食でとても幸せ??に当たっているので、それを書きます。

あべのHOOP地下の中華・龍圃。http://www.longpu.co.jp/
わたしはいつも天王寺阿倍野界隈には昼しか行かないので夜は知らないけれど、お昼は出来る限りこのお店に行くことにしている。
めちゃくちゃおいしい。
特に黒酢の酢豚のおいしさには絶句する。
黒酢のアンタレに絡むのは揚げ炒めされたブタにパプリカ、ライチ、そして根菜類(サトイモ、慈姑など)。
食感に衝撃受けたくらい。いくらでも食べていたい。
なんていうか、快楽の持続を願う感じ。
この店を知るまでわたしの最愛は別なお店の酢豚だったけど、ごめんねサヨナラと言ってしまうほどだ。
それから小龍包がまたなかなかいけるのですな。
黒豚のスブタ・小龍包(4個)ミニ焼飯・スープで1418円に210円プラスで杏仁トウフ。これがまた絶妙。
今まで色んな杏仁トウフ食べてきたけど、こんなとろとろとろけるのは知らない。本当に蕩ける。
量はかなり多いので、このセットと別なものを頼んで人と分け合うこともする。
今回はここへは初めての友人と一緒なので、二人ともこのセットにした。
並ぶのきらいだが、この店には並ぶ価値がある。木曜に食べたけれど、日曜の今、また酢豚が食べたい。
そんな力のある味。よいお店。いつか夜にも行ってみたい・・・。
180_2.jpg


さて次は昨日の夜に食べた焼肉。
焼肉は大阪人なら必ず数軒『お気に入り』があるものだ。
今回は友人が雑誌で見たと言う店に行くことにした。
阪神尼崎で写真展を見てからなので、駅の近い四つ橋線の本町に出た。
炭火焼肉・あぐら。http://r.gnavi.co.jp/k298601/
オシャレな外観。二階に上がるとカンカンに熾った炭がきて、それに網乗っけて焼くのだが、普通なら小皿にタレとかあるでしょ、なくて空の小皿がある。塩を少し置く。
頼んだのは薄切りのタン、塩カルビ、塩カイノミ、たれハラミ、塩バラ、サプライズなおばけ(出てからのお楽しみ)などの他には生レバーとチシャ菜と冷麺キムチ抜き。
わたしたちは飲まないのでその点あんまりお金にならないな。
肉そのものに味がある。ニク、めちゃくちゃ甘いし、柔らかいし、溶ける。いや、熔けるの字の方がいいかも!!うわ??と言う感じ。おいしすぎるゾ。
肉そのものがこんなにおいしいのは久しぶり。
塩で食べてるので、いくらでも食べれそう。
実はいつも肉食べ過ぎると、肉の味そのものにうんざりするのだけど、これはそうはならなかったなー。
生レバーもおいしかった。追加の肉もおいしかった。冷麺はそのままでもおいしいけど、私は酢をいっぱい入れる。それでスープ代わりに飲む。いや、これがまたおいしいのだな。
最後に女性客グループだからの特典の手作りシャーベットが。
レモン、ラムネ、オレンジマンゴーのどれか。オレンジマンゴーにしたけど、今度はラムネにしよう。
それから今度は薄切りタンでなく厚切りのタンにしよう。
昨日の夜食べたばかりなのに、もう次いつ行くか考えている。
ああ、しあわせ・・・

外に出たらまだ7時になったばかりで夕焼けが微妙に残り、小野竹喬の絵のようだった。
御堂筋に出る。少しだけ飲んだチューハイで二人ともよろよろしてるので、久しぶりにスタバに行くことにした。今夜は淀川花火なので時間を早くしたのだが、浴衣の子を沢山見たのよ。

さてスタバ。
東芝の下にあるスタバは阪神優勝パレード、大晦日の北御堂の鐘打ちの時間待ち、などで利用してきた。
酔ってるし満腹なので苦しいが、気づけばシェイクン・レモン・パッション・ティーとライムタルトを頼んでいるではないか。
友人がチーズケーキたのんだからついつい・・・。
そう、別腹。
これがまたなかなかおいしいのだな。正直スタバで「おいしい」と思ったのは、これが初めて。いかにもアメリカなケーキなんだけど、地元のスタバに行けば同じものを頼むと思う。いや、するわな。

おいしくいただいてから友人と別れ電車に乗ると花火見物客がいっぱい。それで十三の手前まで来たら停車してアナウンスが。橋梁に侵入者がいるらしい。そのおかげでわたしら乗客は三分くらいナイスな位置で花火を見学。家の駅に下車してから少し走って花火の続きを見た。
以前は家から見えたのにな。

とりあえず嬉しい八月。明日の七日はわたしの誕生日なのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
 はじめまして。「366日の誕生日」を書いている366です。
 1日早い、誕生日おめでとうございます(^^)/

http://birthdays.seesaa.net/

 誕生日の記事をトラックバックしてみませんか? コメントでもOKです。
 少しでも同じ誕生日の仲間探しができたらなって思っています。そして、お友達にも教えてあげて下さい!(^^)b

 あと、こんな誕生日プレゼントはどうでしょうって記事も書いてますので、贈り物に悩んだら、覗いてみて下さい。

 お待ちしていま~す(^▽^)
2006/08/06(日) 15:06 | URL | 366 #viyJrVnI[ 編集]
いやはや、相変わらず私の100倍も濃密に、ダイナミックに生きていらっしゃる七恵さん(馴れ馴れしくてゴメンナサイ)、明日の’29歳のお誕生日’おめでとうございます。
それだけ、食べ物から知的好奇心まで、何事も貪欲にムシャムシャとご自分のものにしていらっしゃる間は’29歳のお誕生日’というセリフはあと50年くらいは使える筈です。いやはやおめでとうございます。
2006/08/06(日) 17:58 | URL | red_pepper #-[ 編集]
おお、明日誕生日ですか、ハッピーバースデー!
遊行さんはお仕事かな、夏休みかな。
東京でも電車がかなりすいていますよね、雑誌も合併号。
食べないためかストレスか、体重が50kgを割ってよれよれの僕。
2006/08/06(日) 22:09 | URL | oki #-[ 編集]
☆366さん ありがとこざいます。
色々な情報を集めておいでで、ほほーという声をあげてしまいました。
こういうときにネットってすごいなーと感じます。
因みに私と同じ日に生まれた有名人は、司馬遼太郎、藤田元司、野比のび太のお三方でした。

★red_pepper さん ありがとうございます。
スルドイところを突きましたね。暑いのに冷や汗タラタラ~~です。
でも私はヒトサマにトシを訊ねられるとこう答えているのです。
「えーとね、13とね、いくつか足すねん♪」
大概みなさん引きますね・・・ううううう。でも中には悪いのがいて、
「足すやのーて、掛けるですよね?」とのたまう輩もおるのでした。

☆okiさん ありがとうございます。
明日はねー仕事ですわ。夏休みとってる連中が多いので(しかも仲良くしてる連中)昼から帰ろうかなっと思ってたのに、帰るに帰れない状況なんですよ。だから明日は気難しい顔して机の前にいます。
>よれよれの僕
真夏になると却って元気になり、挙句夏太りする私のニクあげたいです。
2006/08/06(日) 23:47 | URL | 遊行 #-[ 編集]
遊行七恵さん、「13+αのお誕生日」おめでとうございます。
+αは今までの文章でだいたい想像できます。いい年頃ですよね。
しかし、いつもの解説に負けず、とても美味しそうな今日の記事、楽しませていただきました。
炭火焼肉・あぐら、さんのメニューの説明文、
>この値段でこのうまさ、なかなかおまへんでー
>これまたチエちゃん号泣の一品、しっかりうまみがのってまっせ
流石に大阪ですね。 「チエちゃん」何者でしょう。

私の家も、以前は多摩川の花火が見えたのですが、最近は二階から大玉の時しか見えません。
またお腹がすいてきました。
2006/08/07(月) 00:04 | URL | sekisindho #-[ 編集]
美味しそうですね~天王寺のあたりっていつもどこで食べたらいいか悩むのでメモっておきます^^ スタパのライムタルトも!
淀川の花火、わたしはヨドバシの前でちょっとだけみてました。綺麗でしたね~浴衣姿が増えてきた功労者はユニクロとか?このごろはいろんな着方してますね。面白かったです。
2006/08/07(月) 06:45 | URL | こいちゃ #EVuTtBQQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/07(月) 12:32 | | #[ 編集]
★sekisindhoさん こんにちは
>流石に大阪ですね。 「チエちゃん」何者でしょう。
大阪でチエちゃん言いましたらじゃりン子チエのチエちゃんでっせ♪
チエちゃんはホルモン焼き焼いてやんねんし。ほほほほほ。
多摩川と聞けばすぐに思い出すのが『岸辺のアルバム』とかつての巨人の練習場ということですね。お江戸の花火も見たいのですが、タイミングがなかなかあいません。残念。

☆こいちゃさん こんにちは
場所もわかりやすいと思いますよ。
他にも色々おいしいメニューがあります♪以前は美術館の地下の瑠樹の味噌煮込みうどんが好きでしたが、メニューから消えて寂しいです。
キハチの向かいです。
浴衣もこうしてどんどん流行ってゆけばいいですよね。がんばれ和服。
しかし正装としての着物は廃れる一方かなぁ・・・
2006/08/07(月) 12:36 | URL | 遊行 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア