FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

新日鐵広畑と京見会館

姫路の広畑にある新日鐵広畑製鉄所に<大人の遠足>しました。
工場見学&京見会館(迎賓館)見学。

とにかく大阪からは遠いのだが、来た甲斐オオアリ。
ヘルメットかぶって作業服着て軍手はめて長-----い工場見学しました。
なんていうのか、真っ赤っ赤なテツがベルトコンベアでズイズイ流れてくるけど、それが急行してきたなと思った途端、どどどーっ と水かけられるのだ。
で、それをものともせずテツが行く行く。行くけどまた水がががーっ 水蒸気大量発生。
・・・というようなテツと水の攻防戦を目の当たりにして、巨大な機械に驚いて、楽しく工場見学を終えました。
おやつは300円まで、というところやけど、会議室に戻ると、ポカリをもらった。ゴクゴク。
ああ、面白かった。

さて次には新日鐵の迎賓館<京見会館>にマイクロバスで送ってもらって、建物の見学です。
こっちは撮影OKなのに甘えて、かなり沢山撮ったので、この後乞うご期待。
P0215-1.jpg

門から撮ったけれど、全景図はちょっと無理だった。
この建物はライトの弟子の遠藤新の作なのだが、ちょっと住友の別子銅山の迎賓館を思わせる。時代も作者も違っても、目的の精神が似ているからこうなるのかもしれない。
P0218-1.jpg

これは車寄せ。車寄せに円い窓があるのが可愛い。

玄関入ってすぐに見える丸い窓ガラス。P0219-1.jpg


くつろぎますね。
P0266-1.jpg

ソファが素敵だった。
その右側。P0267-1.jpg

左側P0268-1.jpg

天井。P0220-1.jpg


わかりにくいけれど、その天井の模様。
P0221-1.jpg

こちらは暖炉周り。
P0226-1.jpg

暖炉はさすがに遠藤ぽい。P0227-1.jpg


そこから次の間へ行く廊下にも寛げるスペースがある。
P0229-1.jpg


とりあえず会議室。ちゃんと新日鐵のマークあり。
P0232-1.jpg


いつでもどこでも寛ごう。
P0234-1.jpg


こっちの間にはごちそうが支度されつつある・・・
P0240-1.jpg


洋館だけにちゃんとあるのが、ビリヤード。
P0241-1.jpg

机の彫刻がいい。P0244-1.jpg


窓の外にはグランドピアノ形の噴水がある。
P0262-1.jpg


二階へあがる。
バーがあったりちょっとした会議室もある。
P0253-1.jpg


和風のお部屋は宿泊用。以前今の天皇陛下の皇太子時代にもこちらへお泊りされたそうだ。
廊下の船形天井。P0246-1.jpg


和室の欄間など色々。
P0249-1.jpg

P0256-1.jpg

P0258-1.jpg

P0260-1.jpg

窓枠にナゼか日立のマークのような・・・

ところでこちらの床の間がなかなか素敵だ。
P0264-1.jpg

その窓。P0259-1.jpg


窓の外から屋根の連なりを見る。
はるか向こうに新日鐵広畑製鉄所が広がる。
IMGP0254.jpg

クリックして巨大化するとなんだか実感が湧くよ。

ありがとう、京見会館。
このあとはタクシーで英賀保まで出てから大阪へ帰還したのでした。
大人の遠足、いや、社会見学おわり。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ひゃ~! x 5
車寄せも洋室(このどっかりした暖炉!)も和室(天井も欄間も床の間も窓も!)も素敵~ 
コーフンです! 行ってみたい~
2006/09/15(金) 02:50 | URL | こいちゃ #EVuTtBQQ[ 編集]
私も色々近代建築を見てきましたが、今回の京見会館はくつろぎ度が高い空間でした。
なんでも京見山にあるのでその名がついたのですが、<鉄は国家なり>を実感するような建物でした。
2006/09/15(金) 21:53 | URL | 遊行 #-[ 編集]
遊行七恵さん、こんばんは。
歴史のある大手企業には、こういった迎賓館的な建物がよくありますね。
少し前の新聞に、日比谷の三信ビルの取り壊しの記事が出ていましたけど、でもこの京見会館のように、キッチリと残されているのは嬉しいことですね。
遊行さんの記事読んでいると、古い建物の見方、チェックポイントなどが勉強できて、とても面白いですね。
2006/09/17(日) 01:14 | URL | sekisindho #-[ 編集]
sekisindhoさん こんばんは
やはりよい建物にはそれ自体から放たれるオーラみたいなのがあって、「ここ、ここ」とか教えてくれるわけです。
それを腕のまずい私がなんとかぱちぱち撮っています。
やっぱり近代建築はいいなー、と強い実感が湧いてきます。
また撮り貯めた分などをちょっとずつ出してゆこうと思います♪
2006/09/17(日) 18:49 | URL | 遊行 #-[ 編集]
はじめまして。
こんにちは、はじめまして。私は神戸市在住の大学生です。
突然のコメント失礼いたします。

私の友人に広畑製鉄所見学をしたいという者がいて、調べていたらここにたどり着きました。
そこで少しお尋ねしたいのですが、遊行さんは広畑製鉄所見学に団体で参加されたのでしょうか?
工場見学係に電話してみましたが、個人での見学は受付ていないとのこと。私たちの参加は2名なので申し込みができませんでした。
その他には、8月下旬に行われる一般向けの見学会のみとなるそうです。

もし遊行さんが個人で参加されたのであれば、その参加方法を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。
2007/02/09(金) 14:59 | URL | ちき #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして
ちきさん こんにちは
わたしは団体で見学したのです。ですから申し訳ないですが、個人見学の方法がちょっとわからないのですね。
それでお電話で確認されたところ、夏に一般見学があるということですね。
・・・色々考えましたが、大学の側からアプローチするというのはいかがですか。何科の学生さんなのかがわからないのですが、歴史的価値観を実証するレポートを拵えたいから、とか卒論でこういうのを書きたいからとか・・・教授に紹介状を書いていただくということは出来ませんか。
あと他に新日鉄の役付きさんと縁故などがあれば一番よいのですが。なにしろここは迎賓館なので、今でもお食事など出しているのです。
それから兵庫県建築士会のサイトを見て、特別見学会などがないかとか・・・

わたしは社会人なのでお仕事の方面から色々非公開の建物を見せてもらえる幸運に恵まれていますが、学生さんはなかなかそうした恵みがないですものね。
しかし大学で関連のある人がおられるはずです。
と申しますのは、就職課の先生方に新日鉄とご挨拶されている方がおられると思うのです。
一度調べられたらいかがでしょうか。

どうもきちんとお答えしてあげれたらよかったのですが、今のところこうした方法しか思い浮かびません。
すみません。
2007/02/09(金) 16:05 | URL | 遊行 #-[ 編集]
 コメントに引かれて今再び拝見すれば、現在放映中「華麗なる一族」を彷彿させる建物で(あれは新日鉄ではありませんが)鉄平達の姿が浮かんで見えそうです。
2007/02/09(金) 17:03 | URL | 山桜 #-[ 編集]
☆ちきさん 追記
すみません、わたしは近代建築の京見会館のことだとばかり思い込んでいたのですが、もしかして<工場見学>そのものなのでしょうか?精錬風景とかの?・・・ごめんなさい、もしそうなら全然違うことかいてますね。
そうでしたら20名以上集めてこういう団体ですが、と話をするのはいかがでしょうか。
2007/02/09(金) 17:20 | URL | 遊行 #-[ 編集]
山桜さん こんばんは
わたしはTV見てませんが、なんでも上海ロケとかしたそうですよね。上海の外灘あたりにはステキな建物も数多くありますし、租界だった辺もすばらしいのがコロコロあります。
山崎豊子の原作は好きでした。
2007/02/09(金) 21:11 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
お返事が遅くなってしまいすみません。
丁寧なご回答ありがとうございました!!嬉しかったです。
そして説明不足ですみません…。私たちが参加を希望しているのは工場見学です。

やはり団体ですか…。でもいろいろなアプローチの仕方があるということがわかり、大変勉強になりました!
人数集めも大変かもしれませんが、募集してみようと思います。
そのときはまたご報告させて頂きますね。

ありがとうございました!!
2007/02/11(日) 20:57 | URL | ちき #mQop/nM.[ 編集]
ちきさん こんばんは
工場見学でしたか。あれはすばらしかったです。
精錬というのがあんなに綺麗な情景だとは考えもしませんでした。
ただし当然ながら内部撮影は一切禁止です。
精錬関係の見学が目的でしたら、神戸なら神鋼スチールとか堺のクボタシーアイもありますね。
しかし広畑にどうしても、というお話でしたら『鉄は国家なり』だった時代状況から現代へ、とかタイトルをつけて、やはり人員募集されるほうが良いと思います。
そのときには『華麗なる一族』に引っ掛けての募集も効くかもしれませんね。
がんばってください。工場見学はとてもドキドキしました。

2007/02/11(日) 23:30 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
No title
過去記事掘り起こしすみません
当時天皇陛下の車が 家の近くを通るので 周辺を掃き掃除させられたの思い出しました 笑
2016/07/15(金) 02:57 | URL | 京見社宅住民 #LkxTU30E[ 編集]
なるほどー
こんにちは

それはまた、ご苦労様でした。
しかし貴重な記憶、経験、証言ですね。
工場周辺もきれいだったのを思い出します。
2016/07/15(金) 12:56 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア