FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

天神橋界隈ぶらぶら(改稿)

朝からよく歩きました。
大丸梅田で赤ずきん展見て(こちらは後日)大阪駅前2ビルでチケット物色してから北新地→大阪天満宮。
10/2まで古書市してはるのよ。
手に入れたのは凄い雑誌ばかり。
『写真通信』大正十四年発行分、芸術新潮'82.12『世紀末の魅力』、みづゑ'87冬『追悼・澁澤龍彦』、'84冬『江戸のグラン・エキセントリック』『ピエール・クロソフスキー』これ表紙若冲の100匹わんちゃんのよ。クロソフスキーもあるし。凄く嬉しいけど、これらについても又後日。

さてその天神さんには星合茶屋と言う茶店があります。
P0273-1.jpg

この<愛敬橋>を渡るとそこにあるのです。
P0272-1.jpg

前々からここでぜんざい食べてみたいと思てましたが、機会がないままでして。
そしたら最近ニュースで、お箸を使いにくい人らにもおうどんを食べやすく、といううどんがここで出てることを知りました。
うどん、世の中で一番好きな食べ物です。
P0271-1.jpg

これは<天神天うどんの冷や>です。
要するに大阪で言う<てんぷら>=さつま揚げと同類やけど、ちょっと違う、を乗っけてダシぶっかけにショウガ入れたーるうどんです。
ほんでうどんは短いサイズで、一本やのーて二本で隙間があるという、特許もんなうどんです。
300円。おいしかった。
でもちょっとカラかったねと店のオバアチャンに言うと、うどん冷たいの出すの手間取ったからサービスに仰山ダシ入れてもたんが却ってアカンかったか??とのこと。
「今度おねえちゃん来たら薄するわな。また来ィや」
おばあちゃん、エエなぁ。

ここにはこんなものもあるのです。
P0274-1.jpg

元々使われてた橋の・・・。

さて本も買うたし、境内の菅原公一代記ジオラマを見ることに。
20年前博多人形師から寄贈されたそうです。
全部クリックして巨大化させてください。

ちびっこの頃から天才少年。IMGP0275.jpg

どこでも才能豊か。IMGP0276.jpg

旱魃の所には雨を降らせる。IMGP0277.jpg

「このたびは幣もとりあえず・・・」IMGP0278.jpg


まあこの後もお話しは続くわけです。見に行ってください。
天神さんは学問の神様やから、かしこなります。←大概天神さんの氏子は子供の頃親にそう言われてきた筈。
その本殿。P0279-1.jpg


ここを出るとついこないだオープンしたばかりの常設の寄席<天満天神繁盛亭>があるので、遠景。
P0280-1.jpg

えらい人気でなかなか席が取れないらしい。
今は物珍しいからのお客さん殺到かもしれないので、これから恒常的に人気の出るようにせなアカンのです。
改稿しました。分けたのです。
うん、長すぎたよ。大抵いつもこういう変なところがある。
客観性の欠如がいかんなー。反省。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
遊行七恵 さん、こんばんは。
いきなりお月様がでてきて、すっかり秋模様に驚かされました。
素晴らしいですね。
>天神天うどんの冷や
私も饂飩は好きですが、最近ブームの讃岐はこしがありすぎて、いまいち、大好きとはいきません。
それにしても大阪のおばあちゃん
>「今度おねえちゃん来たら薄するわな。また来ィや」
このセリフおもしろおますな~、さすがです。
2006/10/02(月) 01:30 | URL | sekisindho #-[ 編集]
sekisindhoさん こんにちは
うどんは柔らかいのが好きです。
丁度出る直前に料理研究家の土井先生が
「大阪人はやらかいうどんを好む」
と言う話をされていて、すごく納得でした。
神戸から来たうどん屋さんが大阪でダメなのを悩んでての話でした。
そのうどん屋さん、試作品で琵琶湖を埋め立てれそうや、と言うてはりました。
段々大阪人化してきてるようです。
2006/10/02(月) 11:45 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア