FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

12月の記録と、今年見てよかったもの

大体一年間にかなり多くの展覧会を見ていますね。
美術ブロガーの皆さんは当然ながらそうなんですが、わたしは自分でもときどき疑問に駆られるくらい、東奔西走しています。
「なにか禁断症状でも」
うん、そんな気がします。慢性なんとか症って感じかも。
ただ最近、世界観が変わるほどの名品や展覧会に出会えていないのも確かです。わたしがすれっからしになった可能性は大。
近年で言えば三年前の三島叡の夜間照明写真を見て、ショックを受けたくらいです。
わたしは世界観が変わったというか、意識に変動が起きたり、脳の薄皮が一枚ペロリと引き剥がされた思いをするものには☆をつけていますが、あれ以来思い当たらなかったのです。
とはいえ、ミイラからホネに関心が移行した展覧会に出会えました。
その意味ではこれも☆印なのだが、さてどうだろうか。
それと、5点評価の5や4の多い一年だったのは、間違いなし。

というわけでなんとなく見た時間順によかったのを挙げてみます。
めちゃくちゃ優柔不断なので、ベストテン挙げれない・・・なさけない。

20060211 小さな骨の動物園 INAX大阪
20060218 日本の美 バークコレクション 東京都美術館
20060219 美術商の百年 東京美術倶楽部
20060311 狛犬百面相・愛知陶磁器資料館所蔵 東洋陶磁美術館
20060317 日本のマジック・サーカス 山脇ギャラリー
20060513 江戸の誘惑 肉筆浮世絵・ビゲローコレクション 神戸市立博物館
20060603 近代の美人画 培広庵コレクション うらわ美術館
20060715 プライスコレクション 若冲と江戸絵画 東京国立博物館
20060818 安彦良和原画 八王子夢美術館
20061015 竹中英太郎 弥生美術館
20061103 応挙と芦雪 奈良県立美術館
20061209 煉瓦のまちタイルのまち 近代建築と都市の風景 大阪歴史博物館
やっぱり「必見」というか「見れてよかった」と心の底から思った展覧会と言うところで、絞りに絞ったのでした。
今年最後に見たオルセーは、もしかすると来年再び見に行く可能性もあるので、あげてません。
以下、今月の記録です。


20061202 応挙と芦雪 奈良県立美術館
20061202 タワー -内藤多仲と三塔物語-  INAX大阪
20061203 京の風雅 大和絵 逸翁美術館
20061203 京の風雅 古陶 逸翁美術館
20061203 宝塚歌劇と民俗芸能 池田文庫
20061209 リサとガスパール 梅田阪急
20061209 煉瓦のまちタイルのまち 近代建築と都市の風景 大阪歴史博物館
20061209 大阪人が築いた美の殿堂  大阪市立美術館
20061211 犬神家の一族・試写会
20061214 浪花をいろどる 大坂で活躍した絵師たち 住まいのミュージアム
20061214 樟徳館 建築探訪
20061214 谷内六郎の軌跡 没後25年 阪神
20061215 エコール・ド・パリ 素朴と郷愁 兵庫県立美術館
20061215 金山平三 兵庫県立美術館
20061215 中山岩太と安井仲治 兵庫県立美術館
20061215 大阪俳壇 柿衛文庫
20061215 明治大阪の錦絵新聞 伊丹市立美術館
20061215 ビゴーによる明治の女性たち 伊丹市立美術館
20061221 品川 開東閣 建築探訪
20061221 江戸から明治の商家看板 看板ミュージアム
20061223 オルセー美術館展 神戸市立博物館
関連記事
スポンサーサイト



コメント
春には…
こんばんは

「応挙と芦雪」観にいけなかったのが残念です。

オルセー展観に来られる際はご連絡下さい。
2006/12/29(金) 18:26 | URL | Tak #JalddpaA[ 編集]
Takさん こんばんは
応挙と芦雪は本当によかったです。
残念でしたね、来春には若冲室もオープンしますし、またこちらにおいでください。

オルセー展は都美ですね、東京のほうの予定が決まり次第、またご連絡いたします♪
2006/12/29(金) 21:48 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
大阪の方なのに
なぜか東京の展覧会が多いですね不思議だ/笑。
オルセーは「週刊金曜日」で招待券応募しているんですよ、しかし最近郵便事情が悪くて/笑、郵便物がまったく来ません。
日本橋三越の東山魁夷、招待券がなぜか手に入らなくてネットオークションで80円で落札、これまたまだこない、だまされたのかー。
2006/12/29(金) 22:25 | URL | oki #-[ 編集]
okiさん こんばんは
「展覧会」というのでくくったもので。
個別の作品になるとこれがまた変わるんですよ。
ああーつらかったぁ(選ぶのが)

年末はしゃれにならないくらい郵便事情がよくないですよ、なんでかなあ。やっぱりト▲タ方式がよくないのかもしれない・・・
しかしokiさんは色んな雑誌の読者ですねー
わたしは雑誌は基本的にコミック以外よみません。あとは新聞の見出しでわくわくするだけ。
そうだ、わたしは新橋のニュー新橋ビルのチケットショップをよく利用しています。
2006/12/29(金) 23:04 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
暮れのご挨拶~
こんにちは~
ようやく風邪から脱出できそうです。
今年は本当に主婦べからざる芸術行脚楽しみました。遊行さんには、すっかりお世話になり、色んなこと教わりました。
また来る年も遊行さんのパワーに目を奪われつつ、ブログも愛読し続けますので、ヨロシクお願い致します。
2006/12/30(土) 14:22 | URL | あべまつ #-[ 編集]
七恵さんは守備範囲が本当に広いですね。また、展覧会とは別に近代建築も定期的に回っておられるし。今年は日本美術関連ではビッグな展覧会が続きましたね。

来年は少し小粒になるかもしれませんね。秋の京博の“狩野永徳展”を二重丸にしてます。色々お世話になりました。来年もよろしくお願いします。よいお年を。
2006/12/30(土) 18:08 | URL | いづつや #RK0OJ0uw[ 編集]
こんばんは。
東西の展覧会をご覧になられている遊行さんだからこそ出来る充実のベストですね!
うらわや八王子など、私もカバー出来ていない部分を挙げておられるのには恐れ入りました。

来年もまた宜しくお願いします。
それでは良いお年を!
2006/12/30(土) 23:19 | URL | はろるど #-[ 編集]
暮れの元気なご挨拶
★あべまつさん こんばんは
風邪から脱却ファイト!
来年はまずオルセーが都美で始まりますよ。
あれは本当によいものを沢山見せてくれました。
身近な小さな楽しみを拾い集めて、大きな喜びにしてゆきたいですね。ぽち花はその結晶ですよね♪
よいお年を!

☆いづつやさん こんばんは
日本美術の良さを改めて再認識させてもらいましたね。来春には相国寺の美術館も大規模オープンで萬野のコレクションを一挙を公開ですし。
狩野永徳を秋に・新春には御所障壁画展を控える京都です。建築もまだまだ回りますよ~
よいお年を!

★はろるどさん こんばんは
一旦首都圏に出ると動き回らずにはいられない私です(笑)来年もがんばるぞーと気炎上げてます。好きなものが多いのは幸せだと思う一方、我ながら無秩序だなーと・・・
よいお年を!
2006/12/31(日) 03:25 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
しかし八王子夢美術館とか小さくてお客もあんまり来ない美術館がベストのうちに入っているとは美術館も泣いて喜びますよ、滞在時間はどのくらいだったのでしょう?
ところで遊行さん、一日に何箇所も美術館を回られておられるけどカタログとか買っておられるのですか?
荷物が重くなって大変なんじゃないかと。
僕は昨日メール便で東山魁夷のチケットが届いたので今日大晦日に行ってきます。
新年に行くより大晦日のほうが確実に混まないという計算です。
2006/12/31(日) 10:20 | URL | oki #-[ 編集]
お世話になりました。
遊行七恵さん、今年も西に東に駆け巡り、嬉しいレポを
ありがとうございました。
こちらに伺うと、懐かしい下町の家の匂いがしてきます。
ちょっと秘密めいた屋根裏や蔵の匂いもしてきて、胸が
トキメキます。 私の秘密の隠れ家的存在です。
 
遊行さんのお蔭で、町中の小さな美術館や博物館の良さを
再認識できました。 来年は是非弥生美術館に通いたいと
思っています。

どうぞ健やかに良いお年をお迎え下さいませ。
2006/12/31(日) 17:42 | URL | 山桜 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

僕は、いったって行動範囲が狭いので、去年は展覧会へ4回しか行っていません。(苦笑)
今年は、遊行七恵さんを見習って、もう少し活動的になりたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
2007/01/01(月) 01:40 | URL | lapis #e8.b9ePc[ 編集]
今年もよいお年を
あけましておめでとうございます。

☆okiさん こんにちは
八王子の安彦展には2時間いました。愛と情熱を込めて書いたブログが主催者さん通じて安彦先生の手元に届いたときには、歓喜歓喜でした。

荷物が重くて肩が抜けそうなときは、都内なら郵送します。関西なら気力で持ち帰ります。
川崎小虎、見に行くつもりです。また感想教えてくださいね。


★山桜さん こんにちは
隠れ家はフランス語でエルミタージュなのですってね。うふふふふふ。
地下室や蔵や塔には憧れます。少年探偵団の気分です♪塔にはシャロットの女が、蔵の中には草双紙や折り紙、人形、長持ちが・・・ああ素敵。
Mトゥルニエの文章の中で「地下室には生の匂いがする」というのがあります。今年もがんばるぞー!という気分になりました。
またよろしくお願いします。


☆lapisさん こんにちは
現実の行動範囲が45度くらいだとしても、lapisさんの描かれる世界は360度を越えて、天にも地にも広がっているのを知ってますよ~~点から無限大の地平へ・・・

また今年も色々な記事を楽しみにしています。

2007/01/01(月) 13:35 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア