FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

武豊・デビュー20周年記念展

武豊の展覧会が難波高島屋で開催されている。
天才騎手・武豊もデビューから20年らしい。
img752.jpg


わたしの父は競馬が好きで、よく買っていた。葬式の日に競馬新聞を届けに来た人がいて、気の毒にびっくりしていた。
父はわたしを連れてしばしば競馬場に出かけたが、「ママには内緒」と言って焼餅の串をよく食べさせてくれた。
「今日パパにどこ連れてもろた?」「動物園」「何を見た?」「馬しかおれへんかったわ」バレますわな。

その父が生きていた頃は武騎手の父上・武邦彦氏の全盛時代だった。
天才・福永洋一騎手の雄姿も子供の目に焼きついている。

こうした前振りもあり、わたしは武豊騎手と同世代なので、彼のデビューもよく覚えている。
だから会場に展示されている武騎手の数々の勲しにドキドキした。
私自身は何年かに一度くらいしか馬券を買わない。
最後に買ったのは’05有馬記念で、まさかのもしかでディープインパクトが勝てなかったレースのときだ。あのクリスマスは真っ暗だった。年を越しても衝撃が深かった。(これがホントのディープ・インパクトなハナシだ)

会場のあちこちにレースの模様がVTRで流れている。熱心に眺める人々。
過去のレースであってもそこに感動があれば、見る者の心を打つ。
ああ、やっぱりすばらしい・・・!
ふと周囲を見れば、普段展覧会とは無縁そうなオジさんたちがコブシをギュッと握って画面を見る姿が。
うーん、みんなそうなんですなー。
img753.jpg


武騎手の乗馬服もズラーーーッと並んでいる。やせていることが第一条件なのは当然ながら、すばらしいスタイルだと思った。
マネキン、かっこよかった・・・

映像だけでなく、パネルもたくさん展示されていた。
懐かしい馬たちがいる。
牝馬のファレノプシス・・・彼女が桜花賞を取った時、わたしは友人とラジオ関西主催の『女性のための競馬セミナー』に出かけていた。
軽い気持ちで応募して出かけたら、周囲の女の人たちは競馬歴も競馬への愛情も深い深い人ばかりで、素人はわたしたちだけだった。
でもクイズでファレノプシスを当てたわたしは巨大パネルをもらい、翌日のレース、彼女を(武騎手を)応援した。
パネルは近所の競馬好きの人に差し上げたが、随分喜ばれた。

オグリキャップ、なつかしい。この馬の模様ってよく考えたら連銭葦毛というやつではないか、と当時思ったものだった。
いい馬だったなあ。

しかしわたしばかりがこんな感慨にふけると言う訳ではなく、会場にいる人々みんながそうなのだった。
懐かしい馬の背には、武豊騎手がいる・・・
20年の歳月はこういうことなのだと思った。

巨大スクリーンでジャパンカップなどのレースが流れていて、大勢のお客さんが見入っていた。わたしもなんとか座って観ることが出来た。
かなり長い時間見ていた。
馬の走り方(空を行くような奴もいる)、レースの展開、実況中継・・・
とても面白かった。
賭け事ではあるのだが、お金を賭けなくても楽しめるのが競馬なのかもしれない。
わたしは賭けると、国家に<寄付>と言うことになり、ポリシーに反するからあんまり買わないが、心の中で応援する馬は多かった。
馬がよいのは無論だが、武豊というすばらしい騎手がいるからこそ、馬も走りに走れるのだ。
ドキドキしたなぁ。
そうだ、わたしはやはり関西人なので回り方はこちらのがいい。
ドキドキもその方が大きい。

ところで栗東にいる仕事関係の人とこんなことを話した。
「あれですか、やっぱり武さん見たりとかしはります?」
「ハイ、お父さんを近所のスーパーで」
「あっお買い物とかしてはるんですか」
「気さくな感じですよー」
「ニンジン買ってる、とか」
「レタス買ってはりましたよ」
そうか、ニンジンはやっぱり専門からか!
なんとなく嬉しかった。

まだまだこれからもがんばってください、武豊騎手!
関連記事
スポンサーサイト



コメント
ポスターの武豊めちゃくちゃかっこいい~
ではないですか!
私は、まったくの門外漢で、でも、一度中山に行ったことあります。クリスマスの飾り付けのしてある大きな木が印象的でした。
以前のボスが競馬好きだったのです。
しかし、賭けに弱い、博才なしのおっちゃんでした。
社台の馬主になるのが夢のようでした。
中山に行く日の朝、電話が鳴り、銀行に行く時間がないので、
悪いけど、お金用意してくれないかなぁと。
叔母の家に下宿していたので、叔母と相談して、何とか5万円用意して、どきどきしてたら、ボスは、5百円貯金の袋をごそっと持ってきて、嬉しそう。私の心配はまったく不要でした。(ちなみにボスは単身東京にきていたので、奥方がいなかったのです)
そういや、ディープインパクトもいい馬でしたね。
2007/02/13(火) 22:44 | URL | あべまつ #-[ 編集]
あべまつさん こんばんは
実際あのポスターにクラクラッでしたよ。重馬場で泥跳ねがついている、そのこと自体が胸を衝きますね。
どうも競馬好きな人で博才ある人って案外いない気がします。
うちの総務課長は毎週<国家に寄付>しているようです。
500円貯金の袋・・・かわいいなぁ♪

いい馬って本当に多いですねえ。
2007/02/13(火) 23:30 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
武豊の展覧会ですか、こっちに回ってくるのかな。
「週刊現代」に「この馬に聞いた」という連載を持っていまして毎週読んでますよ。
女優だった佐野量子ちゃんが奥さんですね、好みのタイプでした。
私生活も充実しているんでしょうね。

府中の東京競馬場に向かう人と同じ電車に乗ったこと歩けどみんなサンダルで競馬新聞を読んでいますね、なかなか面白い光景です。
展覧会の入館料はいかほど?
2007/02/15(木) 11:37 | URL | oki #-[ 編集]
okiさん こんにちは
ご夫婦仲良しさんのようですよ、奥さんがヨン様に夢中で、武さんは通販でヨン様グッズを購入してコスプレもされたそうです。ええお話です。

>みんなサンダルで競馬新聞を読んでいますね
耳には赤鉛筆が挟まれていたはずです。

展覧会は800円なのですが、わたしはASA友の会で入場しました。
2007/02/15(木) 13:15 | URL | 遊行 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア