FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

狩野派誕生

大倉集古館で栃木の狩野派と言う展覧会が開催されている。
数年前には館蔵の狩野派展もあった。
そう言えば板橋では『これが板橋の狩野派だっ!』展があったそうだが、そちらには行けなかった。
狩野派も京都に残ったままの狩野派と江戸の狩野派と分かれているから、それぞれ違う方向に進んだ。
(たとえ粉本の模写が約束であっても)
秋には京博で狩野永徳展が開催される。
狩野派の最後といえば『悲母観音』の狩野芳崖くらいしか思い出せない。
狩野派の血脈はどうなったのだろうか。

末裔のことはともかく、始祖は栃木つまり下野の国から出てきたそうで、初期狩野派の作品が栃木県立博物館にコレクションされていて、それが大倉で公開されているのだ。

img192.jpg


チラシは花鳥図屏風で、絵師の名前は伝わらない。
日本の景色なのかどうかもちょっと微妙に疑いたくなる。オリジナルの絵なのか、手本から描き起したのかも知らないが、この絵はなんとなく観念的な情景だと感じた。
現実にないからそう思ったわけではなく。

観客はなかなか多い。皆さんマジメに見ている。わたしもマジメに見ているのだが、なんとなく重苦しく感じる。
絵師もマジメに描いていたのだろうが、逸脱を許されないというのも、つらいものだと思った。

狩野秀頼『布袋図』 布袋というのは奇妙な存在だと改めて感じる。普段はタダの腹を突き出したにやにや笑いの変なおじさんというだけなのが、ここにある作品を見ると、布袋とはインドや中国でないと生まれ得ない存在だと実感する。間違ってもキリスト教圏には生まれることのない存在。
奇人・変人も度を越すと聖者になるのだ。この思想はひどくアジア的・仏教的だと思う。

布袋にも寒山にも負けない変な聖者がまたもや現れた。
可卜『懶瓉和尚図』 これも変な和尚の逸話で、それを扇面に描いている。

正信『観瀑図』 まっすぐに落下する滝は墜落地点で濛々と湧き出でる。それを眺める高士。
大抵この場合は李白と相場が決まっているのだが、ここにいる彼がそうかどうかは知らない。
img193.jpg


神農や渡唐天神など見慣れた作品の他に、伝・雅楽之助で『廿四考図屏風』があった。
六曲ニ隻の屏風に一扉につき二枚の図が貼られている。
畝に現れる象、冬の筍、老親の前で子供の格好をする(これも老いた)息子、酒を体にまぶして蚊を集める男、姑に乳をやる嫁、鹿の皮をかぶる男・・・
さすがに『本朝廿不孝図』は見たことがない。

興以『月下猿猴図』 中国の丸顔の猿。手を伸ばして月を取ろうとする。可愛い。手のまっすぐさがいい。これは日舞的な手の伸ばし方ではなく、ダルクローズだと思う。
中学生の頃、習字を習っていたが、やめる直前に書いたのは『猿猴月取』だった。
img194.jpg


どうも華やぎが足りないから、わたしのような遊楽図好きな者には息苦しいのだろうか。

久隅の娘・清原雪信『玉津島』 さすがにこれはきれいだった。
十二単の女神像。

面白いのは山楽『野馬図屏風』 野生の馬がわらわら集まっている。
正面向きもいて、なにかおかしい。皆元気のいいオスばかり。
くつろいだり、立ち話しているようなのもいる。

森東敬『寒山拾得』 にっこりする寒山にちょっとびっくりした。
こういうのもいい。いつもいつもにんまりとかにや??なのも飽きた。

探幽の縮図帳も出ていた。こういうのに本当の価値があるように思う。
それから意信『日光名所図巻』は楽しい。
ガイドブックにはならないが、行く前にこんなのがあるのか、と期待感が膨らんでくるような作品。

重信『梟に烏』 フクロウvsカラスの図が楽しい。
一羽のフクロウに対する二羽のカラス。目つきが三角になっている。

金ぴかの竜虎図もある。こちらは意信、尚信の虎はのんびりした顔。
他に奈良絵本の俵藤太のムカデ退治の絵本があった。

メインは何かと問われれば困るところだが、落ち着いた気持ちになるにはいい展覧会だと思う。


関連記事
スポンサーサイト



コメント
お猿さんの絵、一瞬、変わった植物?と思ってしまいました(笑)
幾何学的な構図がユニークですね♪
お猿さんの顔の丸さが、月の丸さと呼応している感じですね。
現在活躍している阪神の狩野選手も、狩野派の血が入っているのかしら?・・・と、ちょっと脱線してしまってすみません(笑)
2007/05/11(金) 20:31 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
虎、ニ連勝!
tanukiさん こんばんは
あのエテさん可愛かったです♪
日本の猿とはまた違う描かれ方がいいですね。

狩野選手、手首に死球当たりましたが、がんばってほしいです。

個人的に美術史家の狩野博幸せんせのファンです、あたし・・・(笑)
2007/05/11(金) 22:13 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
こういう展覧会のうれしいところは地元に行かなくても向こうから作品がきてくれることですね、今回は栃木からですか。
栃木県立博物館の刊行物とか本とか絵葉書とかもたぶん会場では売られていたのでしょうね。
ところで遊行さん、森美術館でル・コルビジェの展覧会が始まりますがご関心は?
2007/05/12(土) 23:18 | URL | oki #-[ 編集]
okiさん こんばんは
>栃木県立博物館の刊行物とか本とか絵葉書とかも
・・・それがですねえ、500円のリーフレットがありましたけど・・・
商売っ気ないんかなあ。

ル・コルビジェは他の場所で展覧会なら見に行きますが、どうも森だと思うと・・・数年前、大阪藝大かしら、工大かが、ル・コルビジェの建物の精密な模型を沢山作りまして、それを見に行きましたが、そういうのは楽しかったです。
2007/05/13(日) 00:20 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
500円
こんばんは。

初期の狩野派ほとんど
区別付きませんし
知識も持ち合わせていません。
が、
500円のガイドブックはとても
鑑賞の手助けとなりました。
あれは良いです。
2007/05/15(火) 21:36 | URL | Tak #JalddpaA[ 編集]
Takさん こんばんは
お帰りなさい。
狩野派の区別・・・
わたしも全くつきません。
しかし大倉がああしたコンパクトなのを出してくれるのは、やっぱりいいことだと思います。
去年の播磨の京都画壇絵を思い出します。
2007/05/15(火) 22:02 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア