FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

出来ないことと出来ること

わたしは片づけが出来ない。
掃除も下手だ。
やりはじめると延々とやり続け、途中でやめると再開できない。
毎日コツコツができない。これは幼児の頃からだったそうだ。
とにかく片付かない。

部屋の中の話だけではない。脳内もそうだ。
わたしはいつも無秩序と混乱と熱狂とに満たされている。
情緒不安定。
いつも言われる言葉。
静かな心持と言うのは、年に数えるほどしか訪れない。
冷静さ。
無縁やな??。逆上することは年柄年中。

とりあえず物を捨てよう。そうすれば部屋も片付く。
(一時的にせよ)
掃除も楽になる。
(するのか?)
カレンダーなども捨てよう。データに取り込んで紙は捨てよう。
罪悪感を持つな!
勿体無いと思う気持ちは立派だが、わたしはもう十二分だろう。

・・・と、出来もしないことを口にする。

先日夏物衣料を大量処分した。今の時期の服たち。
眩暈がした。服に対して申し訳ない気がして。
どういうわけか、無機物に対してすぐに申し訳ない気持ちが湧く。
罪を犯した気分になる。
しかし、この服たちは母親を通じてあちこちの人へ渡って行ったらしい。それを聞いてちょっとホッとした。
バザーなどではなく、母が通う喫茶店のママさんやお客さんたちに貰われていったらしい。
私はその人たちを知らないから、話に聞くだけだが、なんとなく安堵した。
服たち、がんばって新しい持ち主の役に立て。

次は間のもの、それから次は冬物を処分しようと思う。

しかし服に関してはそれでいいが、膨大な資料はどうしよう。
やっぱりデータベース化が一番いいのかもしれない・・・
皆さんはどんな折り合いをつけておられるのだろう、と思った。

というわけで、今度処分するカレンダーの複製画とか集めたweb展覧会を始めます。お盆くらいになると思います。
色々集めてみたけど、なかなか楽しかったです。

はっっっその「楽しい」があるからものを集め、捨てられなくなるのかもしれない!
京都の西の方に物集女と書いてモズメと読む地がある。
わたしなんぞはまるきりそのまま物集女だ。

こうして冒頭に挙げたように、まとまりもオチもない、無秩序で混乱に満ちた記事は終わるのでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
ちょっと場違いなのですが・・・
どこかで、岸田劉生の麗子像の書いて、誰かからコメントされていたと思います。
今、東近美で、4階特集として「劉生と麗子ー岸田劉生関係資料より」が、開催中です。絵だけではなく、写真や手紙がでています。

さてさて
うちも、美術館、博物館のチラシ、旅行先の案内所でもらった案内、図録、書籍、講演会・カルチャーセンターの資料、会誌、レコード、CD、LD、DVD等々、溢れています。本棚いっぱい。ラックもいっぱい。
おまけに、実家に帰れば、別口のお宝が・・・・
中々、捨てられるものではありません。
2007/08/04(土) 00:18 | URL | 鼎 #PgtEBqSc[ 編集]
遊行さんこんにちは。
そう…物ってどうしてこんなに
たまるのでしょうか。
私も洋服がまずたくさん…着ないと
思いながらもなんか捨てられない。
でも秋になったら今度こそ処分しよう
と;;2年半前に引っ越したのですが
そのときも相当捨てたのです。でも
あっというまに…本もあっというまに
…掃除は好きなんですけどね???
web展覧会楽しみにしていますv
2007/08/04(土) 06:55 | URL | ろこ #-[ 編集]
僕も家の中はごみ屋敷ですね。
遊行さんはご家族がいらっしゃるからまだしもこちらは男一人だからいいように散らかります。
いまのパソコン部屋は図録であふれています。
けど女性でも片付けられないとお悩みの方結構多いですね。
荷物があふれても死にはしない!
2007/08/04(土) 12:04 | URL | oki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/04(土) 21:17 | | #[ 編集]
☆鼎さん こんばんは
>捨てられるものではありません
いやまったくその通りです。
しかし苦しいところです。
東近美は時々劉生の資料展ありますね。
今日実は八世三津五郎と劉生との関わりのことをかいた本を買ったところです。


☆ろこさん こんばんは
ろこさんはてきぱきとお片づけされますよね。
でもやっぱり服と本とが増殖してゆく・・・
これってやっぱり多くの人がそうなんですね。
ところで今日獅子と山羊の装飾品を沢山見まして、
ニャハハでした。
(他に羊と牛も・・・蠍はナシでした)


☆okiさん こんばんは
>荷物があふれても死にはしない!
・・・過重が怖いのですよ。
日本家屋は。
阪神大震災のとき、もうコレクションはやめようと思ったのに・・・
2007/08/04(土) 21:19 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
――さん こんばんは
それは実に素晴らしいですね、びっくりです。
お考えにもなるほどと納得する一方、もしかすると完全に贅沢な遊戯なのかもしれない、とも思いました。
そのあたりの資料にもよるでしょうが。プライベートな楽しみなら考えも全く異なりますが、仰られたとおりなら、何か良い考えがないかな、とわたしも考えてみます。


2007/08/04(土) 23:56 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
こんにちは(^^)
私も、片付けることがなかなかできない人間です。(^^ゞ
掃除は好きなのですが、一度やり出すとなかなか止まらない性分です。
モノを整理している途中、何か見つけて、「おお、これは」ってんで、ずっと読み返して時間が過ぎて・・・という感じです(笑)
昔は展覧会の図録など必ずと言っていいほど買ってましたが、最近は極力我慢するようにしています。チラシなども美しいので保管しておきたいのですが、それもファイル何冊ともなるとさすがに溜めてても仕方ないか・・・と思い、定期的に処分しています。
服は、時々は買ってますが、何年も前の、流行に関係なく着られるものをずっと着ています(笑)
オシャレしたい時は着物を着ればいいや、って感じで、昔に比べたらずいぶん洋服を買わなくなったなあ、と思います。

長々と書いてしまってスミマセン。。(^^ゞ
web展覧会、楽しみにしております♪
2007/08/05(日) 11:23 | URL | tanuki #s.Y3apRk[ 編集]
tanukiさん こんにちは
>展覧会の図録~チラシなども~定期的に処分しています。
ううううう、凄くよくわかります。
私もそうです。でもチラシはデータ扱いしてるので、この先も増殖が・・・

着物は今や完全にその方ご自身の個性の発露となりましたから、大きな約束事さえ守れば、どんな楽しみ方もOKですよね。私はそこへたどりつけませんが、tanukiさんの考えに大賛成です。
2007/08/05(日) 14:18 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/05(日) 16:56 | | #[ 編集]
――様 こんばんは
ご丁寧なお申し出に、わたしも色々とない知恵を絞っております。
ただ、8月中はわたし自身の予定が立て込んでおりまして、目処の立たない状況です。

該当品は調査中のような感じですが、お写真撮られておいでなら、それをこのようなブログ、またはHPなどネット上でまずweb展覧会などを開催されるのは如何でしょうか。
たとえば慶応大学などではデジタルアーカイブスとして、所蔵品のweb公開をされてるようですが、それに倣い、本物は本物としてアイデアが浮かぶまで調査あるいは現況保持され、デジタルのデータ化された映像のみ公開される・・・
そうしたことを考えております。

とりあえずそんなくらいしか今のところ浮かんできません。
調査などは終えられたようですが、その調査報告書の中から浮かび上がってくるものを説明として付けられるとか・・・

折角お話を持ってきていただいたのに、こちらのタイミングがわるく申し訳ありません。
もう少し何か考えてみます。
2007/08/05(日) 22:58 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア